ニュース
» 2009年02月05日 14時18分 UPDATE

「L-01A」の更新ソフトに不具合、ソフトウェアアップデートを一時中断

ドコモは「L-01A」向けのアップデートソフトに不具合が見つかったことから、ソフト更新を一時中断する。改修済みのソフトは2月中旬をめどに提供するとしている。

[ITmedia]
Photo LGエレクトロニクス製の「L-01A」

 NTTドコモは、1月16日から提供している「L-01A」のアップデートソフトに不具合が見つかったことから、ソフトウェアアップデートの提供を一時中断すると発表した。改修済みのソフトは2月中旬をめどに提供する予定としている。

 ソフトウェアアップデートを行うと、以下の条件すべてに該当する場合に、本来は古い順に削除される既読メールが異なる順番で削除される場合があるという。

  1. L-01Aで受信したiモードメールと他の端末から赤外線通信などで受信したメールが、L-01A本体に保存されている
  2. L-01A本体に保存されている受信メールが最大保存件数(1000件)に近い状態になっている

 ドコモは、すでにソフトウェアアップデートを行ったユーザーに対し、保護したい既読メールがある場合には、メールの保護設定を行うよう呼びかけている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう