速報
» 2009年02月10日 16時09分 UPDATE

アクロディアの携帯向けミドルウェア、auの2009年春モデルに採用

[ITmedia]

 アクロディアは2月9日、同社のミドルウェア「VIVID UI」と「VIVID Movie」が、KDDIの2009年au春モデルに搭載されたことを発表した。

 搭載されたのはソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製の「Walkman Phone, Premier3」「Cyber-Shotケータイ S001」、日立製作所製「WoooケータイH001」、東芝製「フルチェンケータイ T001」、カシオ計算機製「CA001」、シャープ製「SH001」、パナソニック モバイルコミュニケーションズ製「P001」の7機種。

 2007年8月に発表した包括ライセンスにより、アクロディアのVIVID UIとVIVID MovieはKDDIから端末メーカーにサブライセンスする形で提供され、2007年秋冬モデル、2008年夏モデル、2008年秋冬モデルに続いて、2009年春モデルの7機種に採用された。

 

 アクロディアは同日、モルフォと共同開発した「VIVID Panorama」が、シャープ製の台湾市場向け端末「WX-T923」に搭載されたことも発表している。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.