ニュース
» 2009年02月13日 16時51分 UPDATE

東芝、Snapdragon搭載のWindows Mobile端末「TG01」発表――欧州5カ国で発売

東芝が、米QUALCOMMの携帯端末向けチップセットSnapdragonを搭載したWindows Mobile端末「TG01」を発表した。2月16日にスペインで開催されるMobile World Congress 2009で実機を披露する。

[ITmedia]
Photo QUALCOMMの携帯端末向けチップセットSnapdragonを搭載したWindows Mobile端末「TG01」

 東芝は2月13日、米QUALCOMMの携帯端末向けチップセット、Snapdragonを搭載したWindows Mobile端末「TG01」を発表した。欧州5カ国で今夏の発売を予定している同端末は、Snapdragonを搭載した初の携帯端末になるという。

 TG01は、フロント面に4.1インチワイドVGA(800×480ピクセル)タッチスクリーン液晶、裏面に320万画素カメラを搭載したスマートフォン。1GHzのSnapdragonは低消費電力ながら高い処理能力を備えており、マルチメディアやGPS、インターネットなどの機能を快適に操作できるという。また、同社の液晶テレビ「REGZA」で培った画像チューニング技術を採用したことから、動画のすばやい動きも明るく鮮明に表示できるとしている。

 ジェスチャー操作にも対応し、通話着信時に端末を振って応答したり、傾けてアプリを切り替えるなどの操作が可能。通信方式はGSM、GPRS、EDGE、HSDPA、HSUPAに対応するほか、Bluetooth 2.0とWi-Fiも利用できる。

 ボディカラーはボディカラーは黒と白の2色をラインアップ。価格や販売ルートなどの詳細は、今後決定するという。

 東芝はTG01の実機を、2月16日からスペイン・バルセロナで開催される「Mobile World Congress 2009」で披露する。

Photo 東芝が独自開発した3色のユーザーインタフェースにより、アプリケーションを容易に選択できるという
主なスペック
項目 概要
型番 TG01
サイズ 70×129×9.9ミリ
重さ 129グラム
プロセッサ QSD8250(1GHz)
OS Windows Mobile 6.1 Professional
ディスプレイ 4.1インチワイドVGA
カメラ オートフォーカス対応の320万画素カメラ
メモリ 512MバイトROM/256MバイトRAM
外部メモリ micro SDHC(32Gバイト)
外部インタフェース Bluetooth v2.0、USB v2.0、Wi-Fi 802.11 b/g
バッテリー 1000mAh
周波数 GSM/GPRS/EDGE:850/900/1800/1900、UMTS/HSDPA(7.2Mbps)/HSUPA(2Mbps):2100
ブラウザ Microsoft Internet Explorer Mobile
メッセージング SMS、MMS、E-mail、Microsoft Direct Push Technology、Windows Live Messenger
音楽 MP3、AAC、AAC+、AMR-NB、AMR-WB、WMA、WAV
ビデオ H.263、H.264、MPEG4、WMV
Java MIDP 2.0



携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.