ニュース
» 2009年02月16日 17時58分 UPDATE

Mobile World Congress 2009:いよいよ開幕「Mobile World Congress 2009」――世界最大級のモバイルビジネスイベント

世界最大級のモバイル業界イベント「Mobile World Congress 2009」が2月16日(現地時間)開幕。Qualcommの新チップセット搭載の東芝製WM機「TG01」やソニー・エリクソン製のタッチパネル端末「Idou」、Samsung電子の“カメラフォン”「MEMOIR」などが登場する。

[平賀洋一,ITmedia]
photo 会場の「Fira de Barcelona」(バルセロナ国際見本市会場)

 世界最大級のワイヤレス業界イベント「Mobile World Congress 2009」が、2月16日(現地時間)から19日まで、スペイン・バルセロナで開催される。会場は、市内を見下ろすモンジュイックの丘からスペイン広場へと続くエリアにある「Fira de Barcelona」(バルセロナ国際見本市会場)。開幕前日となった昨日は、各ブースでの設営作業が進められていた。

 Mobile World Congress 2009には、世界各国から通信事業者や端末メーカー、チップセットベンダー、ソフトウェアベンダー、コンテンツプロバイダーら800以上の企業が参加。来場者も5万人以上を見込み、世界的な景気停滞が進む中でも例年同様の規模で開催される。

 開幕に先駆け、Snapdragon搭載の東芝製Windows Mobile端末「TG01」や、12.1Mカメラを搭載したソニー・エリクソン製のタッチパネル端末「Idou」、Samsung電子製の8Mカメラ搭載のタッチ“カメラフォン”「MEMOIR」などが発表された。会場にはこうした話題の新端末が展示されるほか、WiMAXやLTEといった次世代通信規格のデモ、Symbian OSやAndroid、Windows Mobileなどケータイ向けプラットフォームに関する動向が発表される予定だ。

photophoto 会場は、スペイン広場からカタルーニャ美術館があるモンジュイックの丘を望むエリア

photophoto

photophotophoto 開幕直前の15日は会場全体で設営作業が進められていた

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう