ニュース
» 2009年02月17日 14時36分 UPDATE

富士通製「F1100」の通話機能に不具合――ドコモ、ソフトウェア更新を開始

富士通製のスマートフォン「F1100」に不具合があることが判明。ドコモはソフトウェア更新で対応する。

[田中聡,ITmedia]
photo 富士通製のスマートフォン「F1100」

 NTTドコモは2月17日、富士通製の「F1100」に不具合があると告知。同日からソフトウェア更新を開始した。

 ソフトウェア更新をすることで、以下の不具合が改善される。

  1. 通話を切断しても、まれにアイコンが通話中表示のままとなり、以後、発着信ができなくなる場合がある
  2. 無線LAN環境で着信が可能でも圏外表示となり、発信ができない場合がある(法人ユーザーがF1100を内線電話として利用した場合にのみ発生する)

 新しいソフトウェアには上記以外にも、より快適に利用するための更新が含まれている。

 ユーザーは、PCのダウンロードサイト(外部リンク)からF1100の更新ファイルをダウンロードし、PCからF1100にファイルを取り込んで更新する。その際、F1100でソフトウェアのバージョンを確認した上で、対応するファイルをダウンロードする必要がある。

 F1100本体からの更新も可能で、「スタート」→「管理」→「ソフトウェア更新」→「更新開始」から行える。ソフトウェア更新の所要時間はPC経由の場合で約10〜13分。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう