速報
» 2009年02月18日 15時32分 UPDATE

次世代PHS向け端末、基地局開発を共同検討――ウィルコムと中ZTE

ウィルコムは次世代PHS向けデータ通信端末や基地局の開発について、中国の総合通信機器メーカー、ZTEと共同検討することで合意した。

[ITmedia]

 ウィルコムは2月18日、XGP(次世代PHS)向けの基地局やデータ通信端末の開発について、中国の総合通信機器メーカーとして知られるZTEと共同検討することで合意したことを明らかにした。

 XGPは、ウィルコムが事業化を推進する次世代高速通信規格で、日本でのブランド名はWILLCOM CORE。同社では4月下旬にも試験サービスを提供する予定としている。

Photo 「WILLCOM CORE」の目標スペック。サービス開始当初の速度は別途検討するという

 ウィルコムは、XGP向けデータ通信端末や基地局の開発、導入に向けた技術協力のパートナーとして、京セラやNECインフロンティア、ネットインデックス、AWC(タイ)を発表している。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう