ニュース
» 2009年02月18日 20時52分 UPDATE

TI、デュアルコアプロセッサ採用の「OMAP4」を発表

米Texas Instrumentsは2月17日、携帯電話向けアプリケーションプロセッサの最新版となる「OMAP4」を発表した。1080pのフルHDに対応し、2000万画素の画像処理をサポートする。

[ITmedia]

 米Texas Instrumentsは2月17日、同社の携帯電話向けアプリケーションプロセッサの最新版となる「OMAP4」(OMAP4430、OMAP4440)を発表した。サンプル出荷は2009年後半、量産出荷は2010年後半を予定している。

 OMAP4はTIの最新モバイル機器向けアプリケーションプロセッサ。1080pのフルHD映像の再生や録画に対応し、2000万画素の画像処理をサポートするなど、マルチメディア機能を中心に機能強化が図られている。

 メインコアには、1つのコアあたりの動作クロックが1GHzを超える、デュアルコアの「ARM Cortex-A9 MPCore」を採用し、マルチメディアエンジンとしてTIのDSP「C64X」とマルチフォーマット対応のハードウェアアクセラレータ、グラフィックエンジンとして「POWER VR SGX540」を搭載。チップセットの心臓部は、これに専用のイメージシグナルプロセッサを加えた4つのプロセシングエンジンで構成される。

 4つのメインエンジンを1チップ化したことで、各エンジン間でバランスのとれた処理が可能になり、高い電力効率と高性能を両立できたという。

Photo 「OMAP4」のブロック図

 TIによればOMAP4は、Android Mobile PlatformやLimoなどのLinux系組み込みOS、Symbian OS、Windows Mobileなどのモバイル機器向けOSをサポートする予定としている。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.