ニュース
» 2009年02月20日 14時44分 UPDATE

コンテンツのクロスプラットフォーム展開をサポート――アクロディアの「VIVID Runtime」

アクロディアが、携帯電話向けクロスプラットフォーム環境「VIVID Runtime」を開発。VIVID Runtime SDKで開発したコンテンツはWindows MobileやAndroid、Symbianなどの異なるシステム上でも稼働する。

[ITmedia]

 アクロディアは2月16日、スペイン・バルセロナで開催中の「GSMA Mobile World Congress 2009」に合わせて行ったプライベートセッションで、モバイルコンテンツプラットフォームの最新ソリューションとなるクロスプラットフォーム開発用SDK「VIVID Runtime」を発表した。リリースは2009年2月末を予定している。

 VIVID Runtimeは、コンテンツやプログラムの実行をシステム環境に依存せずに行えるようにするクロスプラットフォーム環境。VIVID Runtime SDKを使って開発したコンテンツやアプリケーションは、異なるシステム環境でもバイナリ互換で利用できる。Javaなどのバーチャルマシンとは異なり、ハードウェアやシステムの機能、性能を生かしながら、コンテンツの互換性を確保できるという。

Photo VIVID Runtimeの概要
Photo 異なるシステム環境でのゲーム(Quake)実行例

関連キーワード

SDK | Mobile World Congress | アクロディア


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.