ニュース
» 2009年02月23日 16時53分 UPDATE

ドコモ、家族や友人と日記や写真を共有できる「ドコモコミュニティ」を3月開始

ドコモは、日記やアルバムを家族や友人など身近な人同士で共有できる「ドコモコミュニティ」を3月2日から提供する。iモードのメールアドレスをもとにメンバーを招待し、登録した内容は“友達の友達まで”しか公開されない。

[平賀洋一,ITmedia]
photo サービスの概要

 NTTドコモは2月23日、家族や友人知人など身近な人と写真や日記、メモを共有できるコミュニケーションサービス「ドコモコミュニティ」を3月2日に開始すると発表した。

 ドコモコミュニティはドコモユーザーを対象にしたサービス。日記や備忘録、アルバムをドコモのサーバ上に作成し、端末のスケジュール機能や手帳代わりに使うことが可能。また、それぞれの機能は登録メンバー同士で共有でき、離れて暮らす家族や生活の時間帯が異なる写真がスケジュールを共有するとできるという。

 メンバーの登録はiモードのメールアドレスをもとにした招待制で、ユーザーの検索機能などは設けない。そのため、見知らぬユーザーからの招待メールを防ぐことができるという。また登録した内容の公開範囲は“自分だけ”“友達まで”“友達の友達まで”という3段階から選べ、初期状態では“友達まで”に設定。公開範囲を変更しなければ、ほかのメンバーに情報が公開されることはなく、プライべートな写真なども共有して楽しめる。

 登録ユーザー間で共有できる機能はSNSやブログと同等だが、「不特定多数が対象となるサービスと違い、家族や友人などより親しい人同士の利用を想定している」(ドコモ広報部)という。対応機種はiモード対応端末のみで、スマートフォンや他社携帯電話からはアクセスできない。ただし、2009年夏をめどに「My DoCoMo」のIDとパスワードを利用してPCからもアクセスできるようにする。

photophoto サービスの画面イメージ(写真=左)とメンバー登録時の画面

 アクセスは、

  • iMenu→メニューリスト→ドコモコミュニティ

 から。

 対応機種は、NM706i、NM705i、NM850iG、2701、2102V、2051、2101V、2002、2001の各シリーズを除くFOMAのiモード対応端末全機種。月額使用料は無料だが、アクセスにはパケット料金が別途発生する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう