ニュース
» 2009年02月25日 17時43分 UPDATE

ドコモ、「メロディコール」の不具合によりパケット通信料を返還

NTTドコモは、メロディコールのサーバーの不具合により、対象ユーザーにパケット通信料を返還すると発表した。想定返還金額は総額で約1万5000円に上る。

[田中聡,ITmedia]

 NTTドコモは2月25日、携帯の呼び出し音を変更できるサービス「メロディコール」の不具合により、対象ユーザーにパケット通信料を返還すると発表した。

 2008年10月23日7時から23時46分の間に、メロディコールサーバーのソフトウェア不具合により、メロディコールの楽曲を試聴をする際に、楽曲ではなく話中音が流れる事象が発生したため。

 不具合発生時の想定試聴回数は約3000回。想定パケット数は、試聴1回につき約14.1パケットで、想定返還金額は総額で約1万5000円となる。ユーザーからの問い合わせは、2009年1月時点で34件あったという。

 対象ユーザーは自らドコモに申し出る必要があり、ドコモの確認ができ次第、翌月以降の請求金額から減算することで返還される。ユーザーはドコモインフォメーションセンター(ドコモ携帯からは151、一般電話からは0120-800-000)から申し出ができる。

関連キーワード

NTTドコモ | 不具合 | パケット | サーバ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう