インタビュー
» 2009年02月27日 16時24分 UPDATE

Mobile World Congress 2009:あらゆるベンダーの端末で同じアプリが動く世界へ――Symbian Foundation“のグローバルAPI”構想

携帯向けプラットフォームの世界では、AppleやGoogle、Microsoftが存在感を示し始めるなど競争が激化している。こうした中、Symbian Foundationは、どのような戦略で差をつけようとしているのか。

[末岡洋子,ITmedia]
Photo Symbian Foundation リーダーシップチームのジョン・フォーサイス氏

 AppleGoogle、Microsoftが攻勢に出るなど、モバイルプラットフォームの熱い戦いが続く中、2008年に設立計画を発表したSymbian Foundationもシェア拡大に向けた準備を着々と進めている。

 スペイン・バルセロナで開催された「Mobile World Congress 2009」で、Symbian Foundation リーダーシップチームのジョン・フォーサイス氏(元・英Symbian戦略担当副社長)に、2009年の携帯プラットフォーム戦略について聞いた。

―― Symbian Foundationのこれまでの経過について教えてください。

ジョン・フォーサイス氏 2008年6月、NokiaがSymbianを買収し、Foundationを設立する意向を発表しました。これが最初のマイルストーンです。次のマイルストーンは12月で、買収が完了し、法的に組織として活動できるようになりました。

 現在、われわれはその次のマイルストーンであるSymbian Foundationの“Day1”の間にいます。Day1は、メンバー企業がソースコードをダウンロードできるようになる日のことを指しています。

 2週間前には理事会が予算とビジネスプランを承認し、今は雇用や新たなブランディング、新メンバー企業の募集などを、急ピッチで進めています。企業は今週から、年間1500ドルの会費でSymbian Foundationのメンバーになれます。これまで約78社が参加を表明しており、関心を示している企業は700社を上回っています。今後数カ月で、これらの企業が正式参加することを期待しています。

 Symbian Foundationの目的は、完全に独立した中立の組織にすることです。だれでも参加でき、だれでも理事会メンバーになることができ、完全なソースコードにアクセスできるという“完全に中立なプラットフォーム”は、現在ありません。Day1のソースコード公開は、今年第2四半期を予定しています。

―― ソースコードへのアクセスはメンバー企業に限定されますか?

フォーサイス氏 一定期間はソースコードへのアクセスをメンバー企業に限定しますが、メンバー以外の企業にもできるだけ公開したいと思っています。一定の期間を設けたのは、貢献した企業が知的所有権などIP周りを処理する必要があるためです。

 現実的にみて、来年はまだほとんどのソースコードがメンバー企業向けでしょう。逆に言えば、だれもがメンバーになれます。

―― Mobile World Congressの直前に、QualcommFoundationへの参加を表明しました。

フォーサイス氏 Qualcommの参加により、Texas Instruments (TI)、ST-Ericsson、ルネサステクノロジといったシリコンベンダーが増えました。シリコンベンダーはSymbian Foundationにとって重要なパートナーであり、主要なベンダー全社に参加してほしいと考えています。

 特にQualcommには、Symbian Foundation発表時から理事会入りするよう話をもちかけていました。QualcommはSymbianプラットフォームをターゲットにするため、専門知識を持つ技術者を採用しており、深く関わってもらえると期待しています。

 QualcommはSymbian Foundationに参加することで、Nokiaへの足がかりを作ることができます。Qualcommは成功した企業で、優れた製品ポートフォリオを持っていますが、さらなる成長を目指すにはNokiaへのアクセスが不可欠です。実際、2社はMobile World Congressの会期中に、次世代の端末開発について重要な発表を行っています。

―― Symbian Foundationの中立性は、どのように維持するのでしょうか。

フォーサイス氏 真の中立性を維持するのは重要な課題です。近日中に、全メンバーに向けてメンバーシップのガバナンスに関する詳細情報を発表します。重要なことは、コードの貢献度や金額に関係なく、理事会に参加すると投票権を得られるということです。Nokiaであろうがほかの端末ベンダーであろうが、オペレーターでもシリコンベンダーでもコンテンツプロバイダでも、まったく同じ条件です。

 ほかの組織や団体は、オペレーターが強かったり、逆に端末ベンダーが権力を持っていたりで、力がない参加企業は発言権がありません。われわれは当初から、“これまでとは違うことをしたい、完全に平等にしたい”と思って計画を進めてきました。これは、Symbian Foundationの統治構造に反映されています。

 例えばロードマップでは、ロードマップに合意するためのカウンシルがあり、1票を投票できます。承認されれば、だれでもカウンシルに参加できます。

 このようにSymbian Foundationはメリトクラティック(能力主義的)な構造を持ち、プラットフォームが中立的な方法で進化するアーキテクチャがあると確信しています。

―― Nokiaのサービス戦略は、Symbian Foundationにどのような影響を与えますか。

フォーサイス氏 Symbian Foundationは、さまざまな端末、さまざまな地域をカバーできる標準APIを構築することで合意しています。これは、これまでどの組織も企業も実現できなかったことです。

 Windows Mobileは、地域を問わず一貫性がありますが、端末は非常に小さなセグメントでしか提供されていません。

 一方、われわれの前身であるSymbian OSは、MOAPUIQ、S60などのUIがあり、開発はそれぞれ別に行う必要がありました。

 Symbian Foundationの構想は、“グローバルAPI”を作成することです。グローバルAPIが実現するのは、あらゆる地域のあらゆるベンダーのあらゆる端末で同じアプリケーションが動く世界です。これは、Nokiaのサービス戦略にも良い効果をもたらすでしょう。Nokiaのサービスがほかの端末でも動くようになるからです。ほかのメンバーも自社以外の端末でサービスを展開できます。

 これは特に、日本市場には大きなメリットをもたらすと思います。日本の携帯電話は非常に高度で、洗練された技術が搭載されています。しかし、それをほかの地域で提供することは、これまで不可能に近かったはずです。

―― Appleは「App Store」、Androidは「Android Market」を持ち、Microsoftも「Windows Marketplace」を発表しました。アプリケーション配信においてSymbianは、どのような戦略をとるのでしょうか。

フォーサイス氏 Symbian Foundationはまだ立ち上がったばかりで、さまざまなアイデアが出ている段階です。アプリケーションストアについても、まだディスカッションの段階です。

 アプリケーションの流通手段は大切ですが、互換性も大事です。Androidは互換性が問題になってくると私は予想します。分断化されてしまう可能性があると思います。

 アプリケーションマーケットについて、組織の中では2つのアイデアが出ています。1つはAppleモデルで、“1つのマーケット、1つのルート、1つの価格”というものです。もう1つは、これまでのSymbian、Windowsと同じカオス的なモデルです。

 Symbian Foudationは今のところ、両方の良いところをとるモデルを考えています。Symbian Foundationが“アプリケーションウェアハウス”として、開発者にシンプルな1つのルートを提供します。われわれは開発者が提出したアプリケーションを認証して、ウェアハウスを作ります。

 ユーザーから見たストア側では、競争があります。AmazonがSymbian Foundationアプリを提供するかもしれませんし、OviやYahoo!がサービスの一部として提供するかもしれません。このモデルなら、競争とマーケットを両立できそうです。

 われわれは非営利団体であり、利益を追求する必要がないので、このようなウェアハウスを利益を考えずに構築できます。これは、開発者に最も大きなメリットをもたらすでしょう。現在、Symbian Foundationのプラットフォームと互換性のあるアプリケーションは、1万〜1万5000くらいあります。スタート地点としては、申し分ないと思います。

―― Symbian Foundation向けのアプリケーションはネイティブで動くのでしょうか。

フォーサイス氏 ネイティブで動きます。これまでさまざまな制約でネイティブアプリケーションを開発できなかった開発者には朗報です。

 ネイティブ開発キットのほか、Webランタイム環境も提供します。開発者は用途やスキルに応じて2つから選べます。

 われわれのコミュニティの中に、Qtを使ってSymbian Foundation向けのアプリケーションを開発し、ノートPCとSymbianの両方で動かしている開発者がいます。1つのアプリケーションを作成し、それがWindows、Mac、Linux、携帯電話などさまざまなタイプの端末で動くというのは、非常に画期的なことです。

 Symbian Foundationは今後6カ月の間に、アプリケーション開発者にフォーカスしたニュースを発表する計画です。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう