連載
» 2009年03月03日 13時41分 UPDATE

今すぐ使えるケータイレシピ:第18回 集合場所は“地図メール”で通知する

ケータイの「何となく知っていたけど使っていない」機能や、「実はこんな使い方もある」という活用法を取り上げる本コーナー。第18回では、集合場所や現在地を教えるのに便利な「地図メール」の活用方法を説明する。

[田中聡,ITmedia]

電話番号やメールアドレス、WebサイトのURLなど、メールではさまざまな情報を伝えられる。位置情報を伝える「地図メール」もそのうちの1つ。GPS対応機種なら、地図メールから直接目的地まで案内してもらえるので、PCにはない便利なメール機能として活用したい。

位置情報をメールで送る

 特定の場所を教えるのにもケータイメールは役に立つ。単に住所を教えるのならPCメールでもよいが、ケータイの場合、GPSと連携できるのが大きなメリットだ。GPSに対応した機種なら、メールに書かれた位置情報から地図の閲覧やルート案内ができるので、集合場所などを簡単に教えられる。

 待ち合わせ場所や、遅れてくる友人に今いる場所を教えたい、といったときは、現在地を測位して、その情報を“地図メール”として送信すればよい。

 現在地測位の方法は機種によって異なるが、NTTドコモの「SH-01A」やソフトバンクの「AQUOSケータイ 923SH」など、待受画面からワンタッチで現在地を測位できる機種もある。このほか、ドコモ端末は「LifeKit」、ソフトバンク端末は「ツール」からも地図機能を呼び出して測位できる。au端末はEZナビウォークを起動してから測位する。

 SH-01Aの「地図アプリ」の場合、現在地測位をしてから「メニュー」→「メール送信(※「メール」は絵文字表記)」から、現在地情報のURLを本文に貼り付けたメールを作成できる。auのEZナビウォークは「地図を見る」→「現在地を調べる」で測位後、「MENU」→「この場所を…」→「メールを送信」から、931SHの「S!GPSナビ」は、「ツール」→「時計/計測」→「S!GPSナビ」→「現在地メール」から操作する。

photophotophotophoto SH-01Aはダイヤルキー左下のキーを長押しすると現在地測位を開始。測位完了後にアプリが起動して地図が表示されたら、「メニュー」からメールを送信する(写真=左端、左中)。au端末は、EZナビウォークを起動してから現在地測位をする(写真=右中)。931SHはプリインストールされているNAVITIMEを使って現在地測位を行う(写真=右端)

 このほか、「来週の飲み会の集合場所を教えたい」「会社の所在地を教えたい」といったときなど、特定の場所の地図メールも送信できる。SH-01Aの地図アプリは、「フリーワード検索」や、「地図」の「一覧/〒/TEL」などから目的地を検索し、その後は現在地の地図メールと同じように、「メニュー」→「メール送信」からメール作成できる。

 EZナビウォークは、「地図を見る」の「地図を検索する」でキーワードや住所などから目的地を検索し、「地図をメールで送る」から操作する。931SHの「NAVITIME」は、トップのキーワード検索、または「地図検索」から調べた後に、「この場所をメールで送る」を選べばよい。

photophotophotophoto 写真左端と左中がSH-01A、右中がW61S、右端が931SH。どのナビアプリも、アプリを起動して目的地を検索→メール送信、という手順で操作する

ナビアプリの提供会社が違うと……

 地図メールを受信したユーザーは、本文のURLにアクセスすると地図を閲覧できる。メール送信者と受信者が同じナビサービスを使っていれば、目的地までのルート案内も可能だ。

 auユーザー同士なら、EZナビウォークを使ってURLからルート案内を利用できるほか、他キャリアの「NAVITIME」ユーザーとも、お互いに地図メールからルート案内が利用できる。EZナビウォークは、ナビタイムジャパンのNAVITIMEがベースとなっているので、他キャリア向けのNAVITIMEとユーザーインタフェース(UI)や操作性などで共通する部分が多い。

 一方、ドコモ端末にプリインストールされている「地図アプリ」は、ゼンリンデータコムの「ゼンリン地図+ナビ」がベースになっているので、EZナビウォークやNAVITIMEユーザーが送信した位置情報から、地図の表示はできるが地図アプリによるルート案内はできない。ルート案内を利用するには、ドコモ版のNAVITIMEに加入する必要がある。

 ドコモの地図アプリは月額315円、auのEZナビウォークは月額210円または315円、日額95円、ドコモ/ソフトバンク/ウィルコム/イー・モバイル向けのNAVITIMEは210円または315円。現在地の測位は無料で行えるが、目的地の検索やルート案内は有料サービスとなる。

photophotophotophoto 931SHからW61Sに位置情報メールを送ったところ、auのEZナビウォークを使ってルート案内を利用できた。W61Sから931SHに送った場合も同様で、931SHのNAVITIMEからルート案内が利用できる
photophotophotophoto ドコモ機種の場合、提供会社が違うため、EZナビウォークやNAVITIMEで測位した位置情報からのルート案内を利用するには、別途NAVITIMEに有料登録する必要がある(写真=左端、左中)。「地図アプリ」同士なら、もちろんルート案内は可能だ(写真=右中、右端)
今週のレシピ
地図メールを送信 地図メールから(リアルタイムの)ルート案内
対応機種 一部機種 GPS対応機種
起動/設定時間 約3分 約1分
料金 パケット料金+0円〜315円 パケット料金+95円〜315円
お役立ち度 ★★★★☆ ★★★★☆
簡単操作度 ★★★☆☆ ★★★☆☆
自慢度 ★★★★☆ ★★★★★

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう