ニュース
» 2009年03月11日 15時01分 UPDATE

WirelessGate、東京−新大阪間の東海道新幹線で公衆無線LANサービス

トリプレットゲートは3月14日から、東京−大阪間の東海道新幹線の車内で公衆無線LAN接続サービス「WirelessGate」の提供を開始。携帯から購入できる「1DAY WiFi」の販売も開始する。

[ITmedia]

 トリプレットゲートは3月14日から、東海道新幹線の車内で公衆無線LAN接続サービス「WirelessGate」を提供すると発表した。

 WirelessGateは、「BBモバイルポイント」「livedoor Wireless」「成田空港エアポートネット」「フレッツ・スポット」の4つのプロバイダが展開するエリアを、1つのID/パスワードで利用できる公衆無線LAN接続サービス。3月14日から、東海道新幹線の東京駅から新大阪駅までの区間で利用できるようになる。月額会員は料金設定やプランを変更することなく利用できる。

 トリプレットゲートは同日から、非月額会員でも公衆無線LANサービスを利用可能にする「ワイヤレスゲート 1DAY WiFi」の提供も開始。24時間380円で利用できるID/パスワードを、WirelessGateの携帯電話専用サイト( http://www.wi-gate.net )を通じて販売する。

 決済手段はモバイルSuica、モバイルEdy、携帯電話の請求書に合算する携帯電話個別課金の3種を用意。携帯電話個別課金は当初、NTTドコモのみに対応し、今後、対応キャリアを拡大する予定としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう