ニュース
» 2009年03月12日 17時44分 UPDATE

auの1キロ1円緑化プロジェクト、まずは渋谷駅で1万2000個の“緑の種”配布──3月11日から約1週間

走った距離が緑に変わる、auの「Green Road Project」。2009年4月から行う全国配布に先駆けて、東京・渋谷で“緑の種”を貼り付けた広告を掲示する。配布は2592袋、自由に持ち帰ることができる。

[ITmedia]
photo JR渋谷駅北田口改札外通路に貼られた“緑の種”

 KDDIは、携帯電話とスポーツ、環境保全を組み合わせたキャンペーン「Green Road Project」に関連し、東京・渋谷で環境保全啓蒙型の広告を掲示した。掲示期間は2009年3月11日〜17日(通路右側)、3月13日〜19日(通路左側)。

 Green Road Projectは、auのスポーツ支援サービス「au Smart Sports」利用者の走行距離1キロメートルにつき1円に換算、その額を元にゴーヤやアサガオなど地球温暖化防止に役立つ植物の種に変えて、全国のauショップを中心にさまざまな地域で配布する取り組み。3月31日の終了までに総計400万キロメートル(400万円)を目指す。

 今回は2009年4月に始める“種”の全国配布に先駆けて実施されたもの。掲示場所は東京・JR渋谷駅のハチ公口から宮益坂口に抜ける北口改札外の通路の左右。種入りの袋が貼られ、自由に持ち帰ることができる。配布数は2592袋(種の数は1万2000個以上)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう