ニュース
» 2009年03月18日 14時34分 UPDATE

8Mカメラ+3.3インチ有機EL搭載の「Cyber-shotケータイ S001」、3月19日発売

ソニー・エリクソン製の「Cyber-shotケータイ S001」が3月19日に全国一斉発売される。S001は、809万画素CMOSカメラやフルワイドVGAサイズの3.3インチ有機ELを備えるほか、GSM+CDMAのデュアルローミングにも対応する。

[田中聡,ITmedia]

 KDDIは3月18日、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製の「Cyber-shotケータイ S001」を3月19日に発売すると発表した。「マゼンタ」「オリーブ×ゴールド」「ブラック」いずれも全国一斉発売となる。

photophoto ソニー・エリクソン製の「Cyber-shotケータイ S001」。本体カラーはマゼンタ、オリーブ×ゴールド、ブラックの3色

 S001は、有効808万画素のCMOSセンサー「Exmor(エクスモア)」を搭載し、高感度で美しい写真を撮影できる。撮影シーンによって明るさやホワイトバランスを調整する「おまかせシーン認識」や、連写した写真の中から1枚を勧める「おすすめBestPict」に加え、「スマイルシャッター」「顔キメ」など本格的な撮影機能を備える。

 フォトビューアーは、ソニー独自の顔検出技術により、子どもや笑顔の写真を検索する「顔検索」や、撮影した日付順に写真を表示する「タイムライン表示」に対応し、快適に写真を閲覧できる。写真をポストカードとして送信できる「〈ブラビア〉ポストカード」も利用できる。

 ディスプレイはフルワイドVGA(480×854ピクセル)サイズの3.3インチ有機ELを採用。このほか、au携帯では初となるGSMとCDMAのデュアルローミングにも対応し、海外版「EZガイドブック」や「TalkManFlash」、英語予測入力など海外で役立つ機能も充実している。

「Cyber-shotケータイ S001」の主な仕様
機種名 Cyber-shotケータイ S001
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約51×115×17.8ミリ
重さ 約145グラム
連続通話時間 約230分(国内使用時)
連続待受時間 約250時間(国内使用時)
アウトカメラ 手ブレ補正、笑顔検出AF付き有効808万画素CMOS
インカメラ -
外部メモリ(確認済み最大サイズ) microSD(2Gバイト)
メインディスプレイ 約3.3インチフルワイドVGA(480×854ピクセル)有機ELディスプレイ
サブディスプレイ
主な対応サービス・機能 グローバルパスポート(GSM&CDMA)、ワンセグ、Bluetooth、LISMO Video、au BOX、au Smart Sports Run&Walk、au Smart Sports Karada Manager、ナカチェン、au oneガジェット、おサイフケータイ、EZナビウォーク、シンプルメニューほか
ボディカラー マゼンタ、オリーブ&ゴールド、ブラック

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.