ニュース
» 2009年03月19日 20時32分 UPDATE

PHS&データ通信端末販売ランキング(3月9日〜3月15日):ソフトバンクのデータ通信端末が初めてランクイン (1/2)

ウィルコム端末、データ通信端末ともに前回から大きな変化はなく、人気の傾向も大きくは変わらない。今回はデータ通信端末のランキングに初めてソフトバンクモバイルの端末がランクインした。

[岩城俊介,ITmedia]

“スペシャルモデル”が人気、次回「BAUM」にも登場

2009年3月第3週(ウィルコム)
順位 先週順位 メーカー 製品名
1 1(→) 京セラ HONEY BEE 2
2 5(↑) セイコーインスツル X PLATE
3 2(↓) 京セラ WX340K
4 4(→) 京セラ WX330K
5 3(↓) シャープ WILLCOM 03
6 6(→) 東芝 WILLCOM LU
7 7(→) 東芝 WX320T
8 8(→) ネットインデックス nico.
9 9(→) 日本無線 WX330J
10 17(↑) ネットインデックス nico+
この記事は、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の家電量販店のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています
photo nico+

 ウィルコム端末の販売ランキングは、安価な“スペシャルモデル”の人気が上昇している。

 首位は前回と変わらず「HONEY BEE 2」が獲得。続いて2位に「X PLATE」(前回5位)、3位に新機種の「WX340K」(前回2位)、4位に「WX330K」、5位に「WILLCOM 03」(前回3位)が入った。

 前回は5位に落ちた、ウィルコム定額プラン込みで実質1280円/月のX PLATE“スペシャルモデル”は、再び2位に浮上。このほか「nico+」も前回のランク圏外(17位)から10位に急浮上した。

 nico+のスペシャルモデルは、直販サイトのウィルコムストア(リンク参照)などで、頭金4800円、月の端末分割支払い額720円、W-VALUE SELECTで新規契約する場合のW-VALUE割引額が2340円となる端末。キャリア間通話とEメール送受信24時間無料+PCデータ通信の上限額をプラス2800円とする新ウィルコム定額プラン(月2900円)込みで24カ月間、月額1280円から利用できるお得端末だ。

 この端末は、家族間(とくに子ども用)の音声通話とメール用途としてはもちろん、W-OAM対応のW-SIM「RX420IN」が付属するので、W-ZERO3やDD、あるいはサードパーティ製の「USB-WSIM」(アイ・オー・データ機器製)などと組み合わせて、付属W-SIMをデータ通信用として使用するという手段もある。ちなみにPCの定額データ通信であれば、「新つなぎ放題」込みで月額980円の旧型データ通信端末“スペシャルモデル”も販売されている。

 このほか、新機種「BAUM」が3月19日に登場した。果たしてFeliCa対応のBAUMは、初登場で現在人気のHONEY BEE 2にどこまで迫るだろうか。


 ウィルコムの直販サイト「ウィルコムストア」で公開されている売れ筋ランキング(2009年3月19日現在)は以下のとおり。

  • 1位:WX340K(前回1位)
  • 2位:WILLCOM 03(前回2位)
  • 3位:HONEY BEE 2(前回3位)
  • 4位:AX530S(前回4位)
  • 5位:WX330K(前回5位)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.