ニュース
» 2009年03月26日 22時14分 UPDATE

ドコモ版「jigブラウザ」で動画再生が可能に――タッチ操作にも対応

ドコモ版のフルブラウザアプリ「jigブラウザ」が動画再生機能(β版)に対応し、FLV、WMV、WMAの動画再生が可能になった。縦画面から横画面への切り替えや、一部機種はタッチ操作にも対応する。

[田中聡,ITmedia]

 jig.jpは3月26日、動画再生機能(β版)を実装したNTTドコモ版「jigブラウザ」を公開した。これまでjigブラウザで動画を視聴できるのはソフトバンク公式版のみだったが、ドコモ版「jigブラウザ9」や「jigブラウザ9i」でも可能になった。

photo 「切替」を選ぶと縦画面から横画面に切り替わる

 jigブラウザでPCサイトを閲覧中に動画のリンクをクリックすると、アプリにプリセットされている動画再生用プレーヤーが自動で起動し、ストリーミング再生を開始する。対応する動画フォーマットはFLV、WMV、WMA。プレーヤーをフルブラウザアプリに組み込む独自技術により、jigブラウザで閲覧しているページ内の動画をシームレスに再生できる。

 再生中に「切替」キーを押すと縦画面から横画面に切り替わる。また、一部機種はタッチ操作にも対応する(SH-04Aは横画面のみ対応)。

 対応機種は906i、905iシリーズ、SMART、STYLE、PRIME、PROシリーズの「jigブラウザ9」または「jigブラウザ9i」対応機種。

http://br.jig.jp/

 動画再生機能(β版)を利用するには、携帯サイト(http://br.jig.jp/)にアクセスしてアプリ(jigブラウザ)をダウンロードする。ダウンロード済みの場合は、ver.1.2.0にバージョンアップをする必要がある。バージョンは「MENU」→「ユーザメニュー」→「バージョン情報」から確認できる。

 なお、β期間中の制限として、jigブラウザの「お客様番号」の末尾が奇数の場合は奇数日に、偶数の場合は偶数日に動画再生機能を利用できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.