ニュース
» 2009年04月01日 16時09分 UPDATE

iPhone for everybodyキャンペーン、既存ユーザーの申し込み受け付けを開始

ソフトバンクモバイルは4月1日から、2年契約をするとパケット定額フルの上限が4410円に下がる「iPhone for everybody」キャンペーンの、既存ユーザーからの申し込み受け付けを開始した。

[園部修,ITmedia]

 ソフトバンクモバイルは4月1日から、「iPhone for everybody」キャンペーンの既存ユーザーからの受け付けを開始した。申し込みはソフトバンクショップで行える。

※初出時にiPhone for everybodyキャンペーンへの申し込みが「ソフトバンクオンラインショップでも行える」と記載していましたが、ソフトバンクオンラインショップで申し込めるのは新規契約もしくは機種変更の場合のみでした。情報変更手続きはオンラインショップでは行えません。お詫びして訂正いたします。

 iPhone for everybodyキャンペーンは、2月27日からスタートした、iPhone 3Gの販売価格や利用料金を安くする期間限定のキャンペーン。新規契約でiPhone 3Gを購入する場合に、2年契約(キャンペーン)に申し込みをして新スーパーボーナスを利用すると、月々の実質負担が従来より安くなる(8Gバイト版は実質0円、16Gバイト版も実質1万1520円になる)という特典に加え、パケット定額フルの上限が月額5985円から月額4410円になるというメリットも提供している。

 パケット定額フルの上限引き下げについては、4月1日から既存のiPhone 3Gユーザーからの申し込みも受け付けており、5月31日までに申し込めば、パケット定額フルの上限が月額4410円になる。適用開始の時期は、翌請求月からになるので、10日締めの場合は4月11日から、20日締めの場合は4月21日から、末日締めの場合は5月1日からとなる。

 なおこの割引の適用を受けるためには、2年契約(キャンペーン)に申し込む必要がある。これは、ホワイトプラン(i)での2年単位の契約を課すもので、2年経過後も自動更新される。解約、料金プランをホワイトプラン(i)以外に変更した場合、iPhone 3G以外の機種の買い増し、iPhone 3G専用USIMカード以外へのUSIMカード交換、譲渡などをした場合、割引の適用は解除となる。更新月以外に解約すると、契約解除料として9975円がかかる。キャンペーンの適用が解除されると、翌請求月からは上限が5985円に戻る。

 ちなみにこの2年契約(キャンペーン)は、iPhone 3Gの本体を、申し込み時点から2年間使い続ける必要があるわけではない。新スーパーボーナス用販売価格で買い増しした場合は、2年契約(キャンペーン)の契約解除料が免除されるなど、例外も用意されている。仮に2年以内にiPhone 3Gの後継機種がソフトバンクモバイルから発売された場合、買い換えることは可能だという。月額で1575円の割引となることを考慮すると、7カ月以上使い続けるのであれば、申し込んでおいて損はなさそうだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.