ニュース
» 2009年04月03日 15時57分 UPDATE

「SH001」にフリーズなどの不具合――KDDI、ケータイアップデート開始

シャープ製の「SH001」にフリーズする、アラームが鳴らないといった不具合があることが判明。KDDIはケータイアップデートで対応する。

[田中聡,ITmedia]
photo 8Mピクセルカメラを搭載するシャープ製の「SH001」

 KDDIは4月3日、シャープ製の「SH001」に不具合があると発表。同日からケータイアップデートを開始する。

 SH001で発生する恐れのある不具合は以下のとおり。

  1. EZwebの利用中に電源キーの操作を受け付けない場合がある
  2. EZムービー再生時に早送りをすると、キー操作を受け付けない場合がある(撮影した動画は対象外)
  3. 目覚まし時計やスケジュールなどのアラームが鳴らない場合がある

 1の事象は、情報量が多いサイトなど、特定のサイトを閲覧した場合に発生する可能性がある。1と2のキー操作を受け付けない状態は、バッテリーパックを脱着して再起動することで(一時的に)解消される。1、2、3の事象が発生しても、データが毀損、消失することはない。

 ユーザーはメインメニューの「設定」→「ユーザー補助」→「メンテナンス」→「ケータイアップデート」→「アップデート開始」からソフトウェア更新ができる。アップデートの所要時間は最大20分。アップデートにかかる情報料と通信料は無料。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.