レビュー
» 2009年04月17日 16時13分 UPDATE

最新ケータイ徹底比較(au 2009年春モデル編):第5回 キーの反応速度はさくさく? もっさり?――KCP+端末

スペックからは分からない「キーの反応速度」は、ケータイを使う上で最も気になるという人は多いだろう。しかもauのKCP+端末は従来から“もっさり”した機種が多い。今回の春モデルはどうか。8機種の動画を掲載した。

[田中聡,ITmedia]
photo 左から「Walkman Phone, Premier3」「Walkman Phone, Xmini」「Cyber-shotケータイ S001」「Woooケータイ H001」「フルチェンケータイ T001」「CA001」「SH001」「P001」

 ケータイを使う上で「いかに快適に操作できるか」は非常に気になる部分だ。スペックや特徴は、カタログや製品紹介サイト、オンラインの取扱説明書などを見れば分かるが、キーの反応速度は実機を操作しないと分からない。

 しかもau向けのプラットフォーム「KCP+」は比較的新しく、KCP+端末はキーの反応速度が遅い――いわゆる“もっさりした”機種が多い。それだけに、今回の春モデルのキーレスポンスがどれほどか、気になる人も多いだろう。

 そこで、KCP+端末8機種の同じ操作内容を動画で掲載したので、キーの反応速度の参考にしてほしい。いずれの機種も、メインメニューから「設定」→「画面表示」→「ディスプレイ」→「待受画面」を呼び出す操作と、メールの新規作成から「お世話になっております」と入力する操作を試した。

 ちなみに、4月17日に発売された「iida」の第1弾モデル「G9」も、発表会場の試作機で同様の操作を試したので、こちらの写真記事を参照してほしい。

 キーレスポンスの「速い」「遅い」といった感覚は個人差があるので一概には言えないが、筆者はどの機種も「どちらかといえば速い」と感じた。さすがに旧プラットフォームのKCP端末の快適さには及ばないが、少なくともストレスを感じるほどではなく、従来のKCP+端末よりは確実に改善されているように思う。

「Premier3」のキーレスポンス

(ムービーはこちらからでも参照できます)

「Xmini」のキーレスポンス

(ムービーはこちらからでも参照できます)

「S001」のキーレスポンス

(ムービーはこちらからでも参照できます)

「H001」のキーレスポンス

(ムービーはこちらからでも参照できます)

「T001」のキーレスポンス

(ムービーはこちらからでも参照できます)

「CA001」のキーレスポンス

(ムービーはこちらからでも参照できます)

「SH001」のキーレスポンス

(ムービーはこちらからでも参照できます)

「P001」のキーレスポンス

(ムービーはこちらからでも参照できます)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.