ニュース
» 2009年04月22日 14時45分 UPDATE

「WILLCOM CORE XGP」 エリア限定・法人限定で4月27日スタート

ウィルコムは4月22日、提供地域を限定した「WILLCOM CORE XGP エリア限定サービス」を4月27日から開始すると発表した。6月以降にモニターユーザー向けのサービスを提供する。

[平賀洋一,ITmedia]
Photo WILLCOM CORE XGP エリア限定サービスの提供エリア

 ウィルコムは4月22日、東京のJR山手線内の一部をエリアとする「WILLCOM CORE XGP エリア限定サービス」を4月27日から開始すると発表した。提供エリアは東京都山手線内の一部地域で、通信速度は上り、下りとも最大20Mbps。エリア限定サービスを通じて検証、チューニングを行い、秋以降の商業サービスを目指す。

 エリア限定サービスの期間は4月27日から9月30日まで。まず4月27日から第1段階としてウィルコム本社および都内でXGPのデモ展示を展開し、アプリケーション開発を行うパートナー企業へ端末を提供する。6月以降から第2段階として、MVNOや法人など500ユーザーにサービスを提供する。

 このサービスは、法人向けのサービスとして提供。6月以降に募集する500ユーザーのモニターも法人(MVNOや企業・団体など)に限られ、一般ユーザーのモニターは募集しない。

 端末はPCカード型で、NECインフロンティア製の「GX000N」とネットインデックス製の「GX000IN」の2機種を用意。料金は端末、通信料とも無料で提供するが、XGP専用データ通信カードは無償貸与とし、エリア限定サービスの期間終了後には返却する必要がある。

Photo XGP専用データ通信カード

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.