ニュース
» 2009年04月22日 20時04分 UPDATE

KDDI、約190万台の携帯電話をリサイクル活動で回収

KDDIは、不要となった携帯電話189万4833台を2008年度中に回収したことを発表した。回収された携帯電話は、素材ごとに分別され、資源としてリサイクルされる。

[平賀洋一,ITmedia]

 KDDIは4月22日、auショップやPiPitなどのキャリアショップを通じて189万4833台の携帯電話を2008年度中に回収したことを発表した。

 携帯電話には貴金属やレアメタルなどが使われており、不要となった端末からこれらの資源を取り出すリサイクルの重要性が高まっている。KDDIも携帯電話の適正なリサイクルを行っており、店頭でキャリアやメーカーにかかわらず不要となった端末本体や充電器、バッテリーを回収している。

 回収された携帯電話は、リサイクル工場で手作業によりプラスチック、基板、金属などに分解し、素材ごとに分別。基板は希少金属、電池はコバルトやニッケル、カドミウムといった資源へ約98%リサイクルしているという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう