ニュース
» 2009年04月24日 14時14分 UPDATE

「W62CA」と「Premier3」に電源リセットやフリーズなどの不具合

auの「W62CA」と「Premier3」に電源リセットやフリーズなどの不具合があることが判明。KDDIはケータイアップデートの提供を開始する。

[田中聡,ITmedia]

 KDDIは4月24日、カシオ計算機製の「G'zOne W62CA」と「Walkman Phone, Premier3」に不具合があると発表。同日からケータイアップデートの提供を開始する。

photophoto 「G'zOne W62CA」(左)と「Walkman Phone, Premier3」(右)

 W62CAで発生する恐れのある不具合は以下のとおり。

  1. EZweb利用中に電源がリセットするほか、キー操作を受け付けない場合がある
  2. アラームが鳴動しない場合がある

 Premier3で発生する恐れのある不具合は以下のとおり。

  1. EZweb利用中に電源がリセットするほか、キー操作を受け付けない場合がある

 上記の事象が発生してもデータが毀損、消失することはない。W62CAとPremier3の1の事象は、情報量の多いサイトの閲覧中に発生する恐れがある。フリーズした場合は、バッテリーを着脱し直すと一時的に解消される。

 また、Premier3ではケータイアップデートを実行後、マルチプレイウィンドウでデータフォルダとmicroSDデータフォルダを同時起動しようとすると、先に起動したデータフォルダを終了する旨のメッセージが出るよう改善される。

 ケータイアップデートの所要時間はW62CAが最大30分、Premier3が最大20分。ケータイアップデートにかかる情報料と通信料は無料。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.