ニュース
» 2009年04月24日 14時31分 UPDATE

ソフトバンクの通信障害、最大1576万契約に影響を与える

Yahoo!ケータイやS!メールなどのパケット通信が使えなくなったり、遅延が起きたソフトバンクモバイルの通信障害の影響は、全国規模で1576万契約に及んだことが分かった。

[平賀洋一,ITmedia]

 ソフトバンクモバイルは4月23日、19日に発生した通信障害について、影響を受けたユーザー数が最大約1576万契約に及ぶことを発表した。

 この障害は、19日午前9時9分に発生。午後12時3分まで北海道、東北、東京、東海エリアの3G端末ユーザーがYahoo!ケータイとS!メールの利用ができなくなった。またそれ以外のエリアでも、softbankドメインとd/h/t/c.vodafoneドメインのS!メールで遅延が発生。遅延は3G端末のほか2G端末(5・4・3・2シリーズ、旧V6・4・3・2・1シリーズ)にも影響を与え、同日午後3時58分に復旧した。

 通信障害の原因は都内にあるネットワーク設備の不具合とみられている。ソフトバンクモバイルでは、今後も詳しい原因を追及し、再発防止に取り組むとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう