ニュース
» 2009年04月28日 20時27分 UPDATE

KDDIの「au Smart Sports」、会員数が100万人を突破

auの健康支援サービス「au Smart Sports」の会員数が、4月23日に100万人を突破した。2008年1月の開始以来、Run&Walk/Karada Manager/マラソンモードと機能が充実し、企業とのコラボレーションや環境保全活動なども行われている。

[平賀洋一,ITmedia]

 KDDIは4月28日、au携帯電話向けサービス「au Smart Sports」の累計会員数が、4月23日に100万人を突破したことを発表した。

 au Smart Sportsは、携帯電話を使って健康な体作りを支援する生活密着型サービス。2008年1月に第1弾として、ランニングやウォーキング時のコースや消費カロリーなどが確認できる「Run&Walk」がスタートし、同11月に食事のアドバイスを含めたヘルスケアを行う第2弾の「Karada Manager」さ提供された。2009年3月には、フルマラソンや長時間のウォーキングなどに最適な専用アプリ「マラソンモード」が追加されるなど、機能が充実している。

 またサービスだけでなく、スポーツの楽しみを広げる取り組みも展開しており、アディダス ジャパンとコラボレートした「au×adidas」や、日本コカ・コーラの「アクエリアスゼロ」、2009ミス・ユニバース・ジャパンとのコラボレーションなども行っている。また、スポーツを通じてユーザーが環境保全活動に参加できる「Green Road Project」も話題を呼んだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.