レビュー
» 2009年04月28日 21時20分 UPDATE

今日のアプリ第388回:ユーティリティ:キーボードの代わりにiPhoneに話かけて文章入力をする「音声認識メール」

ドコモの「らくらくホン」シリーズにも採用されている音声認識エンジンが、無料のiPhoneアプリとして登場しました。認識された文字列はメールで送信できるため、iPhoneでの文字入力が苦手な人にもお勧めです。

[iPhone・iPod touch ラボ]
iPhone・iPod touchラボ
Photo 「音声認識メール」

 iPhoneに限らず、小さなキーボードに慣れていない人にとっては、携帯端末でのメール等の文字入力を面倒だと思うに違いありません。「音声認識メール」は、iPhoneのマイクからの音声入力を認識して文字に変換し、メール作成の文字入力を極力減らしてくれるアプリです。

 アプリは音声認識によって文字を入力する機能に特化し、出来上がった文章をメールアプリに送ることで、キーボードによるメール入力の手間を省いてくれます。音声認識技術・サービスを提供するアドバンスト・メディアによって開発されたもので、音声データはサーバー側で処理・テキスト変換されて、アプリ上に反映される仕組みになっています。


 音声の入力をするときは、“押しながらしゃべってください”というボタンを押します。iPhoneのマイクから10センチくらい離し、ゆっくりと発声するのが、認識率を高めるコツのようです。認識された文章は、キーボードを使って修正・変更することができます。

PhotoPhoto

 辞書機能や学習機能を搭載し、積極的に単語を登録し、何度も使っているうちに、認識率が上がっていきます。連絡先に登録されている名前は自動的に認識。それ以外の人名や固有名詞などは、辞書に単語登録すると認識されるようになります。認識されない単語でも、確定をする前に修正することで、その内容を学習してくれるようです。

PhotoPhoto

 文章の入力が終わったら、左上の“メールに転送”というボタンを押します。メールアプリが起動し、入力した文章が貼り付けられた新規メッセージが開くので、宛先ほかを選択すればすぐにメールを送信できます。

PhotoPhoto

 同社の技術を使ったメールの音声入力は、ドコモのらくらくホンシリーズにも採用されているようです。このアプリも、iPhoneでの文字入力が苦手な人には、十分実用的ではないでしょうか。

 現在はメール作成に用途が限られますが、コピー&ペーストが実装されるiPhone OS 3.0以降は、キーボードを極力使わない文字入力手段として活躍の場が広がるかもしれません。

今日のアプリ 第388回
タイトル 音声認識メール
カテゴリ App Store > ユーティリティ
開発 Advanced Media Inc.
対応機種 iPhone
価格 無料
レーティング ★★★★★

プロフィール

iPhone・iPod touch ラボ」は、アプリの紹介を中心に、ニュース、便利な使い方、アクセサリーのレビューなどを、“初心者にも分かりやすく”、お伝えすることを目的としたブログです。



Copyright (c) 2007-2014 iPhone/iPod touch Lab, All Rights Reserved.