ニュース
» 2009年04月28日 21時56分 UPDATE

ソフトバンク、月額490円から利用できる「パケットし放題2」発表

ソフトバンクモバイルが、月額490円から利用できるパケット定額サービス「パケットし放題2(仮称)」を提供すると発表した。ドコモが4月28日に発表したパケット定額サービスの下限額値下げへの対抗措置。

[田中聡,ITmedia]

 ソフトバンクモバイルは4月28日、月額490円から利用できるパケット定額サービス「パケットし放題2(仮称)」を、2009年7月をめどに提供すると発表した。

 同サービスは、NTTドコモが5月1日から「パケ・ホーダイ ダブル」と「Biz・ホーダイ ダブル」の定額料金の下限を490円に値下げする発表を受けて、24時間以内の対抗サービスとして発表したもの。希望するユーザーは別途、パケットし放題2(仮称)に契約をする必要がある。

 「パケットし放題」と「パケットし放題2(仮称)」の違いは「定額料の下限額」と「ソフトバンク同士のメール料金」の2点。

 定額料の下限は、パケットし放題の1029円に対し、パケットし放題2(仮称)は490円となる。上限の4410円(PCサイトブラウザ利用時は5985円)は変わらない。

 ソフトバンク同士のメール(SMSとS!メール)は、「ホワイトプラン」や「Wホワイト」を契約していれば無料となるが、パケットし放題2(仮称)を契約すると送受信料が発生する。したがって、「Webブラウザはほとんど利用しないが、メールは頻繁に利用する」というユーザーは、下限の490円を超える可能性が高いといえる。

 あわせて、「ホワイト家族24」や「ホワイト法人24」に加入している同一グループ内のメールは、最大1Mバイトの「大容量ファイル添付機能」を含めて無料となる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.