ニュース
» 2009年05月08日 22時42分 UPDATE

PHS&データ通信端末販売ランキング(4月27日〜5月3日):データ端末トップ3に“ソフトバンク”が食い込んだ (1/2)

イー・モバイル網とソフトバンクモバイル網を使い分けられるデータ端末「C01LC」が売れている。またGW限定キャンペーンを実施するウィルコムのデータ端末も健闘している。

[山田祐介,ITmedia]

「X PLATE」再浮上――再び上位に食い込むか?

2009年4月27日〜5月3日(ウィルコム)
順位 先週順位 メーカー 製品名
1 1(→) 京セラ HONEY BEE 2
2 2(→) ネットインデックス nico+
3 3(→) 京セラ BAUM
4 4(→) 京セラ WX340K
5 5(→) 京セラ WX330K
6 6(→) シャープ WILLCOM 03
7 13(↑) セイコーインスツル X PLATE(WX130S)
8 7(↓) 東芝 WILLCOM LU
9 8(↓) アスモ WILLCOM 9
10 11(↑) アスモ 9(nine)+
この記事では、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の家電量販店のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。
photo X PLATE

 PHSのランキングでは、しばらくトップ10から姿を消していた「X PLATE(WX130S)」が7位にランクイン。中国で現地のキャリアと契約して通話ができるPIMカードに対応した薄型ストレート端末で、3月下旬に急激に順位を落とすまでは好調に販売されていた。動きが鈍化している上位のランキング争いに今後加わることはあるのだろうか。

 そのほかは大きな動きがなく、“W-VALUE SELECT加入で新規0円”という魅力的な価格設定で人気を集めている「HONEY BEE 2」が今回も首位をキープし、2位はシンプル端末「nico+」、3位は「BAUM」が獲得した。

 トップ10圏外からは、X PLATEのほか、2008年1月発売の「9(nine)+」が10位にランクインした。同モデルはシンプルなストレート端末「9(nine)」をベースに、赤外線通信機能を新たに追加したもの。こちらもW-VALUE SELECT加入により新規・機種変更ともに実質0円で購入できる。



 ウィルコムの直販サイト「ウィルコムストア(https://store.willcom-inc.com/ec/)」で公開されている売れ筋ランキング(2009年5月8日現在)は以下のとおり。

  • 1位:HONEY BEE 2
  • 2位:WILLCOM 03
  • 3位:WX340K
  • 4位:BAUM
  • 5位:WX330K
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう