ニュース
» 2009年05月12日 16時58分 UPDATE

上り5.7Mbpsのデータ通信が可能に――ドコモ、HSUPA端末「L-05A」を6月に発売

ドコモが上り最大5.7MbpsのHSUPAに対応するUSB接続型のデータ通信端末「L-05A」を開発。6月から販売を開始する。

[ITmedia]
Photo 上り最大5.7MbpsのHSUPAに対応するLG Electronics製のデータ通信カード「L-05A」

 NTTドコモは、上り最大5.7MbpsのHSUPAに対応するLG Electronics製のデータ通信カード「L-05A」を開発し、6月から販売すると発表した。

 L-05Aは、回転式のUSBコネクタを採用したデータ通信端末で、下り最大7.2Mbps、上り最大5.7Mbpsの高速データ通信に対応。Windows PCのUSBポートに接続するだけで、通信設定ファイルとL-05接続ソフトのインストール画面が自動で起動するゼロインストール機能により、簡単操作で設定を行える。

 料金プランは「定額データプランHIGH-SPEED」と「定額データプラン64K」に加え、7月1日からの提供を予定している「定額データプラン スタンダード」にも対応する(いずれもバリュープラン含む)。

 また、3GとGSMのWORLD WINGに対応し、パケット通信に対応する国や地域でのデータ通信が可能。5月12日時点で、141カ国で利用できるという。

 サイズは80×32×13ミリ、重さ約37グラム。対応OSはWindows Vista(32ビット版/64ビット版) ServicePack1以降、Windows XP Professional ServicePack2以降、Windows XP Home Edition ServicePack2以降、Windows 2000 Professional ServicePack4以降、Mac OS X 10.4.11/10.5.6(Intel製CPUを搭載したMacのみ対応)。

 なお、L-05A接続ソフトはWindows OS、Mac OSともに利用できるが、ゼロインストール機能は、Mac OSには未対応となる。

関連キーワード

PCデータ定額 | HSUPA | LG電子 | GSM | NTTドコモ | WORLD WING


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.