ニュース
» 2009年05月14日 11時51分 UPDATE

「S001」に電源リセット、「T001」「W65T」にフリーズなどの不具合

KDDIは「Cyber-shotケータイ S001」と「フルチェンケータイ T001」「W65T」に不具合があると告知。ケータイアップデートで対応する。

[田中聡,ITmedia]

 KDDIは5月14日、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製の「Cyber-shotケータイ S001」と、東芝製の「フルチェンケータイ T001」「W65T」に不具合があると発表。同日から「ケータイアップデート」を開始する。

photophotophoto 左から「Cyber-shotケータイ S001」「フルチェンケータイ T001」「W65T」

 S001で発生する恐れのある不具合は、「おまかせシーン認識」か「スマイルシャッター」を設定して撮影すると、電源がリセットする場合があるというもの。事象が発生しても、データが毀損、消失することはない。

 このほか、S001では、マルチプレイウィンドウで「データフォルダ」と「microSDデータフォルダ」を同時起動する際に表示されるポップアップの内容が変更される。アップデート前は「起動できません」と表示されるが、アップデート後は「起動中のデータフォルダ/microSDをマルチキーで終了してください」と表示される。

 T001とW65Tで発生する恐れのある不具合は、EZweb利用中に終話キーやキー操作を受け付けない場合があるというもの。事象が発生しても、データが毀損、消失することはない。

 ケータイアップデートの所要時間はS001が最大15分、T001とW65Tが最大10分。ケータイアップデートにかかる情報料と通信料は無料。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.