コラム
» 2009年05月14日 18時56分 UPDATE

ふぉーんなハナシ:“あったらいいな”がホントにあった

おかげでゴミ捨てを忘れないようになりました。

[ITmedia]
Photo 富士通端末で「待受カスタマイズ」を設定すれば、待受画面上で収集日メールを確認できる(写真はD905i)

 忙しいと、ついゴミ捨てを忘れる。

 世田谷区は「可燃ゴミ」「不燃ゴミ」「資源ゴミ」「ペットボトル」と区分が多く、しかも可燃ゴミが週2回、不燃ゴミが月2回、資源ゴミが週1回、ペットボトルが月2回と収集サイクルがやや複雑なので、どのゴミを何曜日に捨てるのかを忘れがちなのだ。

 だから、トミヤマリュウタ氏の、この連載記事を読んだときには、激しく同意したものだ。「iコンシェルは、エンタメ系もいいのですが、こうした生活密着系こそウケル……ゴミ出しの日がスケジュールに反映されたり……」(トミヤマ氏の記事)。そう、私にはまさに、そんな“母ちゃん型iコンシェル”が必要なのだ。しかし残念ながら、現状、iコンシェルはゴミ捨てレコメンドをサポートしていない。

 こうした中、ふとしたことから超便利なサービスを見つけてしまった。世田谷区が提供している「資源・ごみ収集日お知らせメール」だ。その名の通り収集日をメールで通知するサービスで、もちろん、携帯あての送信にも対応。通知のタイミングも「前日9時」「前日12時」「前日15時」「前日18時」「前日21時」「当日6時」「当日7時」から選択できるなど、自分の生活に合わせて設定できる。

 私は夜のうちにゴミをまとめて朝出すので、前日21時に設定。ちょうど帰宅するタイミングでメールが届くので、帰宅後すぐゴミをまとめておけば、捨て忘れることもない。おかげでゴミの捨て忘れが減り、“ゴミが玄関を占拠する”という事態を回避できるようになった。

 「資源・ごみ収集日お知らせメール」で調べてみると、ほかにもこの手のサービスを提供している自治体はわりとあるようなので、ゴミ捨てを忘れがちな人はチェックしてみるといいだろう。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう