レビュー
» 2009年05月20日 17時45分 UPDATE

写真で解説する「SH-07A」(外観編)

カメラやAV機能を強化したAQUOSケータイ「SH-07A」は、基本性能やデザインは2008年冬モデルの「SH-01A」を継承している。SH-01Aとの比較も交えながら、外観の主なポイントをチェックした。

[田中聡,ITmedia]

 Blu-rayディスクレコーダーとの連携機能や1000万画素CCDカメラを搭載するPROシリーズのシャープ製端末「SH-07A」は、サイクロイドスタイルを採用する“AQUOSケータイ”。ドコモの2009年夏モデルでAQUOSケータイの名を冠するモデルはSH-07Aのみとなる。発売は2009年6月の予定。

photophoto
photophoto シャープ製の「SH-07A」。ボディカラーはRedとSilverの2色。Silverは背面全体に蒸着塗装が施されており、簡易ミラーとしても使えそう

 外観はドコモの2008年冬モデル「SH-01A」を継承しており、ディスプレイ側ではなくダイヤルキー側にヒンジがある逆ヒンジや、決定キー部分に装備した光TOUCH CRUISER、フルワイドVGA(480×854ピクセル)サイズの約3.3インチNewモバイルASV液晶を採用するのは2機種とも同じ。

photophotophotophoto メインディスプレイは3.3インチ液晶を搭載(写真=左端)。ディスプレイが右に90度回転する、おなじみのサイクロイドスタイルを継承した(写真=左中)。Redの背面はブラックで、落ち着いた印象を与える(写真=右中)。裏面には1000万画素CCDカメラとLEDライトを装備した(写真=右端)
photophoto 先端に外部接続端子がある(写真=左)。ヒンジ部の先端(写真=右)
photophoto 左側面にはmicroSDスロットがある(写真=左)。SH-01Aではバッテリーカバーの内側にmicroSDスロットがあったので、使いやすくなった。右側面にはサイドキーと充電用の接点、スピーカー、ストラップホールがある(写真=右)
「SH-07A」と「SH-01A」の基本スペック
SH-07A SH-01A
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約112×50×15.8(最厚部約23)ミリ 約111×50×16.6(最厚部約22)ミリ
重さ 約143グラム 約145グラム
メインディスプレイ 約3.3インチフルワイドVGA(480×854ピクセル)NewモバイルASV液晶 1677万7216色 約3.3インチフルワイドVGA(480×854ピクセル)NewモバイルASV液晶 1677万7216色
サブディスプレイ 1.0インチ(96×39ピクセル)有機EL 6万5536色 31セグメント(24.4×9.2ミリ)LED 1色

 SH-07Aはステレオスピーカー内蔵の卓上ホルダを同梱しており、ワンセグやミュージックプレーヤーはもちろん、アラームも迫力のあるサウンドで聴ける。スピーカーの直径は28ミリで、「ドルビーモバイル」にも対応。音声は充電中にのみ出力される。この卓上ホルダはUSB端子も備えており、Blu-rayディスクレコーダーやPCとUSB接続した卓上ホルダにSH-07Aをセットすると、SH-07Aにデータが転送される設定も可能。なお、USBケーブルも同梱される。

photophotophoto SH-07Aをサイクロイドスタイルにした状態でも卓上ホルダに置ける(写真=左)。本体を閉じた状態でももちろんセット可能(写真=中)。卓上ホルダの充電端子左側にUSB端子がある(写真=右)。
photo 卓上ホルダにステレオスピーカーを搭載したためか、本体のスピーカーはモノラルとなっている。スピーカーは右側面にある

 SH-07Aのサブディスプレイは、SH-01Aの24.4×9.2ミリのLEDから約1.0インチ 6万5536色表示の有機ELに進化した。ちなみに、2008年冬モデルの「SH-02A」も同様のサブディスプレイを搭載している。

photophoto サブディスプレイには時刻やバッテリー残量、電波強度などが表示される
photophoto 着信時にはカラフルなアニメーションが表示され、サブディスプレイ右側にランプが点灯する

 キー配列も基本的にSH-01Aを継承しているが、ダイヤルキー下のキーには若干の変更が見られる。SH-07Aには「地図アプリ」をワンタッチで起動できるMAPキーを新たに搭載したほか、TVキーが省かれ、右上ソフトキーのカメラキーに加えられた。

photophotophoto 左がSH-07A、右がSH-01Aのキー面。SH-07Aはダイヤルキーの右下にMAPキーを採用。光TOUCH CRUISER(決定キー)はSH-01Aは長方形だが、SH-07Aは正方形となっている。細かいところでは、SH-01Aの終話キーには「PWR」の文字があるが、SH-07Aでは電源アイコンに変更されている(写真=左)。SH-07A(左)とSH-06A(右)は同じキー配列だが、ダイヤルキーのフォントは異なる(写真=中)。SH-01AとSH-07Aは背面もほぼ同じデザインだが、SH-07AのサブディスプレイはSH-01AのLEDから6万5536色有機ELに変更された。またヒンジ側の背面は、SH-01Aには「NTT docomo」のロゴがあるのに対し、SH-07Aには「AUDIO & VISUAL」の文字がある(写真=右)
photophoto 「SH-06A」と同等の1000万画素CCDカメラを搭載(写真=左)。光TOUCH CRUISERを決定キー部分に搭載した(写真=右)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.