レビュー
» 2009年05月21日 19時32分 公開

写真で解説する「AQUOS SHOT 933SH」(ソフトウェア編) (3/3)

[田中聡,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

日本語入力システムは「ケータイShoin8」に

 ドコモの「SH-05A」「SH-06A」「SH-07A」と同じく、シャープ製のBlu-rayディスクレコーダー(AQUOSブルーレイ)と933SHをUSBケーブル(別売り)で接続し、AQUOSブルーレイで録画した番組を933SHに転送する機能も搭載された。AQUOSブルーレイの対応機種は「BD-HDW40」「BD-HDW35」「BD-HDW32」の3機種(2009年5月現在)。転送される映像のサイズは、640×360ピクセルか320×180ピクセルとなる。

 日本語入力システムは「ケータイShoin8」に進化した。返信メールの作成時に、受信メールの単語を学習して変換候補に表示する「メール返信アシスト辞書」が追加されたほか、「パーソナル予測変換」の自動切り替えが可能になった。

 パーソナル予測変換は、「スタンダード」「ビジネス」「男性」「女性」ごとに最適な言葉を変換候補に表示する機能。これまでは手動で切り替える必要があったが、933SHでは自動切り替えが可能になった。切り替えの判断基準となるのは“アドレス帳”。アドレス帳に電話番号を登録する際に、アイコンを「携帯電話(会社)」にすると、その人あてのメール作成時は、パーソナル予測変換が「ビジネス」に自動設定される。

photophotophoto 受信メールの単語を学習し、返信メール作成時に変換候補の上位に表示される(写真=左)。アドレス帳の登録時にアイコンを「携帯電話(会社)」にすると、その人あてのメール作成時は、パーソナル予測変換が「ビジネス」になる
photophotophoto ツールはタブを切り替えて利用する
photophotophoto 931SHや932SHにはない「リラクゼーションタイム」も用意(写真=左)。キッチンタイマーは「+10分」「+1分」「+30秒」をタッチして簡単に時間を調節できる(写真=中)。モーションセンサーの設定も可能(写真=右)
photophotophoto 待受画面に機能やデータ、モバイルウィジェットを貼り付けられる「デスクトップショートカット」も931SHから継承した
photophotophotophotophotophoto 内蔵されている待受画面は、縦画面と横画面の両方に設定できる
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう