ニュース
» 2009年05月22日 21時30分 UPDATE

携帯販売ランキング(5月11日〜5月17日):安価なモデルの上位を切り崩すか?――待望の夏モデルが次週到来 (1/4)

今回も“らくらく”“シンプル”の強さは相変わらず。しかし、そんなランキングにも「変化」の足音が近づいてきた。ドコモとソフトバンクの夏モデルが発表され、その第1弾がすでに店頭に並んでいる。次週、これらの夏モデルがトップ10にどう食い込むか注目したい。

[山田祐介,ITmedia]
順位キャリア総合
1(2)らくらくホン ベーシックII(NTTドコモ)
2(1)830P(ソフトバンクモバイル)
3(4)iPhone 3G(8Gバイト)(ソフトバンクモバイル)
4(6)iPhone 3G(16Gバイト)(ソフトバンクモバイル)
5(5)EXILIMケータイ W63CA(au)
6(7)N-04A(NTTドコモ)
7(8)N-02A(NTTドコモ)
8(10)SH-02A(NTTドコモ)
9(3)らくらくホンV(NTTドコモ)
10(9)W64S(au)
順位NTTドコモau(KDDI)ソフトバンクモバイルイー・モバイル
1(1)らくらくホン ベーシックII(1)EXILIMケータイ W63CA(1)830P(1)D12HW
2(3)N-04A(2)W64S(2)iPhone 3G(8Gバイト)(2)D23HW
3(4)N-02A(4)SH001(3)iPhone 3G(16Gバイト)(3)D12LC
4(5)SH-02A(5)Cyber-shotケータイ S001(4)831SH(4)D11LC
5(2)らくらくホンV(6)G9(7)731SC(7)H11T
6(6)SH-03A(3)簡単ケータイ W62PT(5)NEW PANTONE 830SH(6)E.T.(H12HW)
7(8)P-01A(7)W65T(10)831P(5)D22HW
8(7)P-06A(8)URBANO(11)AQUOSケータイ 932SH(8)Touch Diamond(S21HT)
9(10)SH-01A(10)Woooケータイ H001(12)930SH(10)D03HW
10(9)F-01A(12)Walkman Phone, Premier3(6)830CA(9)D02NE

この記事は、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の家電量販店のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。

“らくらく”の首位に“amadanaケータイ”が迫る

photo らくらくホン ベーシックII

 相変わらず「らくらくホン ベーシックII」が強いNTTドコモのランキングだが、今回は量販店で値下げされている“amadanaケータイ”「N-04A」が2位にまで浮上した。またスリムワンセグモデル「N-02A」も3位に食い込み、NEC製の2モデルがトップ3に入った。

 首位の座から動かないらくらくホン ベーシックIIとは対照的に、「らくらくホンV」の動きは大きい。前回5位から2位に順位を上げた同モデルだったが、再び5位に順位を下げた。そのほか、8色のカラーバリエーションを用意した「SH-02A」が4位を獲得した。

 全体としてはランキングに大きな動きは見られないが、次週はどうなるか分からない。19日に発表された2009年夏モデルのうち、「P-07A」「N-06A」が22日に発売されたからだ。P-07Aは“VIERAケータイ”の第4世代モデルとして、LUMIXゆずりのシーン判別機能「おまかせiA」を搭載し、カメラを大幅に進化させた。対するN-06Aは、自宅や公衆の無線LANに接続することで高速なインターネットを楽しめる。どちらもメーカーの最新技術を投入した注目機種であり、宣伝も大々的に展開されると思われる。価格はバリュー一括で6万円台だ。

 また、5月28日にはNEC製のスリムケータイ「N-08A」の販売が始まるなど、動きの少なくなったランキングに世代交代の波が近づいている。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう