レビュー
» 2009年05月26日 22時21分 UPDATE

写真で見る「831N」

大きな背面ディスプレイ、見やすく押しやすいダイヤルキーを搭載した「831N」は、使い勝手に配慮した折りたたみケータイ。携帯電話をルーペ代わりに使える「ケータイルーペ」や、登録した連絡先にすばやくアクセスできるともでんなどの機能を用意した。

[2106bpm(K-MAX),ITmedia]

 ソフトバンクモバイルのNEC製端末「831N」は、使いやすさを考えた折りたたみ型モデル。新サービス「緊急地震速報」に対応し、ワンセグ、おサイフケータイ、海外ローミング、安心遠隔ロック、着うたフルを利用できるなど、基本機能も充実している。

 発売は9月中旬以降を予定しており、展示会場ではモックアップのみの展示となっていたため、外観を中心に紹介する。

sa_8n01.jpgPhoto 左からピンク、シルバー、ブラック。背面(=画像左)には1.6インチ(96×64ドット)STN液晶(1色)のサブディスプレイを装備。大型ディスプレイに大きな文字が表示される。底面(=画像右)には200万画素(CMOS)カメラとmicroSDスロットを搭載。ンプルなデザインで、角は丸みを帯びている

sa_8n03.jpgPhoto 端末を開いたところ(=画像左)。モックアップのため、メインディスプレイの表示は確認できなかった。右はダイヤルキー部。各キーの文字は大きく見やすい。3色とも見やすさに配慮した白抜き文字を採用している

sa_8n05.jpgPhoto 閉じた状態の左側面(=画像左)と右側面(=画像右)。本体左側面にはマナーキー、MusicキーとmicroSDスロットが搭載され、右側面には外部接続端子を搭載。microSDは最大2Gバイトまで対応する予定

sa_8n07.jpgPhoto 閉じた状態の本体下部(=画像左)。液晶面に赤外線ポートを搭載している。右はヒンジ部分。本体の厚みは16.6ミリと薄型だ

sa_8n09.jpgPhoto ヒンジ部にワンタッチオープンボタンを搭載(=画像左)。右はカメラ部分

 ヒンジの左側面に搭載されたワンタッチオープンボタンを押すと本体が開く。開く際の勢いで本体を落とさないよう、従来の端末に比べてトルク(回転軸まわりの力)を抑えてややゆっくりめに開くようにしたという。

 カメラのレンズを通して対象物を4段階まで拡大し、メインディスプレイに表示する「ケータイルーペ」は、細かい文字を読むときに役立つ機能。操作メニューの全階層で「拡大もじ」を設定できるほか、歩数記録を管理する「ウォーキングカウンター」を搭載するなど、便利に楽しく使うための機能を用意。「拡大もじ」は、これまでのものに比べて、文字と文字との間隔や背景色などに改良を加えており、さらに見やすくなるという。

 11月からサービスを開始する「緊急地震速報」に対応しており、気象庁からの緊急地震速報を、震源地周辺エリアのユーザーにメールで知らせてくれる。

Photo ソフトキーまわり

 「Y!ボタン」下の「ショートカットキー」は、各機能を設定することですぐにアクセスできるキーとなっている。このショートカットキーを長押しすることで、設定しているショートカットメニュー一覧を呼び出すことができるほか、キーを短押しするとショートカットに設定したメニューの1番目の機能にアクセスできるという。

 初期状態では、NECのオリジナル機能「ともでん」がショートカットメニューの1番目になっている。この「ともでん」は10件まで登録した相手へ素早く発信ができるという機能で「ほかのシニア向け端末でいうところの、(1)(2)(3)キーに登録した相手にすぐ発信できる機能のようなもの」(説明員)だという。

 なお、開発中モデルのため各種の仕様は暫定的なものであり、実際にリリースされる端末は、仕様変更や改良の可能性もあるとしている。

 おもな仕様は、ワンセグ、ミュージックプレーヤー、おサイフケータイ、世界対応、HSDPA、PCサイトブラウザ、安心ロック、S!情報チャンネル、S!速報ニュース、デコレメール、マイ絵文字、着うたフルなど。PCメール、ウィジェット、大容量ファイル添付機能、ダブルナンバーには対応していない。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.