ニュース
» 2009年05月29日 20時34分 UPDATE

携帯販売ランキング(5月18日〜5月24日):夏モデル第1弾がランクイン――それだけに痛い“販売中断” (1/4)

夏商戦のゴングが鳴った携帯販売ランキング。ドコモとソフトバンクの夏モデルが集計対象に加わったが、果たして順位は……?

[山田祐介,ITmedia]
順位キャリア総合
1(1)らくらくホン ベーシックII(NTTドコモ)
2(3)iPhone 3G(8Gバイト)(ソフトバンクモバイル)
3(2)830P(ソフトバンクモバイル)
4(4)iPhone 3G(16Gバイト)(ソフトバンクモバイル)
5(初)P-07A(NTTドコモ)
6(6)N-04A(NTTドコモ)
7(5)EXILIMケータイ W63CA(au)
8(10)W64S(au)
9(8)SH-02A(NTTドコモ)
10(9)らくらくホンV(NTTドコモ)
順位NTTドコモau(KDDI)ソフトバンクモバイルイー・モバイル
1(1)らくらくホン ベーシックII(1)EXILIMケータイ W63CA(2)iPhone 3G(8Gバイト)(1)D12HW
2(初)P-07A(2)W64S(1)830P(2)D23HW
3(2)N-04A(3)SH001(3)iPhone 3G(16Gバイト)(4)D11LC
4(4)SH-02A(4)Cyber-shotケータイ S001(5)731SC(3)D12LC
5(5)らくらくホンV(6)簡単ケータイ W62PT(4)831SH(5)H11T
6(3)N-02A(5)G9(6)NEW PANTONE 830SH(6)E.T.(H12HW)
7(8)P-06A(7)W65T(7)831P(7)D22HW
8(6)SH-03A(14)P001(8)AQUOSケータイ 932SH(8)Touch Diamond(S21HT)
9(11)L-03A(11)フルチェンケータイ re(9)930SH(9)D03HW
10(7)P-01A(12)W65K(10)830CA(13)D21LC

この記事は、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の家電量販店のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。

「P-07A」が初登場2位――しかし次週は……

photo P-07A

 NTTドコモのランキングで注目なのは、初登場で2位を獲得し、キャリア総合でも5位に食い込んだ待望の夏モデル第1弾「P-07A」。しかし、このモデルが次回のランキングで順位をキープすることはなさそうだ。ドコモは25日にP-07Aの不具合を発表し、発売を一時中止したからである。販売再開時期に関してドコモは、1〜2週間後をめどにしたいと話したが、テレビなどでも大々的に宣伝が開始され、こうしてランキングでも好調な滑り出しを見せただけに、今回の販売中断は残念だ。

 この不具合は、iモードのサイト接続時にサイト側との連携が正常に行われないというもので、P-07Aと同じく22日に発売した「N-06A」も同様の不具合で22日に販売を中断している。こちらは、発売当日に販売を中断したため販売台数は約1500台にとどまり、トップ10には入らなかった。

 P-07Aは発売から25日までに約1万7000台を販売をしており、今回のランキングは24日までの販売台数を集計している。1日分の差はあるが、この販売台数と順位を照らし合わせると、ランキングの大まかな規模が見えてくる。

 そのほか、トップ10の順位は全体的に変化した。1位は「らくらくホン ベーシックII」が相変わらずの人気でランクインし、キャリア総合ランキングでも堂々の1位を守った。“amadanaケータイ”「N-04A」はP-07Aに2位を奪われ、3位に下降。「N-02A」も3位から6位にランクダウンした。また、トップ10圏外からシンプル端末「L-03A」が9位に浮上している。P-07Aの前モデルである「P-01A」は、7位から10位に順位を落とした。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう