トップ10
» 2009年06月01日 23時26分 UPDATE

Weekly Access Top10:“夏”よりも“未来”?――コラボケータイが大人気

夏モデルの記事ラッシュが続く中、特に注目を集めた機種は、2つの“コラボケータイ”だった。

[田中聡,ITmedia]

 5月中旬から下旬にかけて、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルが相次いで夏モデルを発表し、ITmedia +D Mobileでも発表会の記事が大半を占めた。今回のMobile Weekly Top10は、5月16日〜5月22日と5月23日〜29日の2週分をまとめてお伝えする。

 5月16日〜5月22日のトップ10は、5月19日に発表されたドコモとソフトバンクの夏モデル関連の記事が占めた。端末別では、ドコモの“ヱヴァンゲリヲンケータイ”「SH-06A NERV」の記事が3位と9位に入っており、ヱヴァファンを含む多数の読者から注目を集めたようだ。また、SH-06A NERVのベースモデルである「SH-06A」の記事も6位にランクインしており、端末としての注目度が高いことも分かる。

 ソフトバンクの夏モデルは、「AQUOS SHOT 933SH」「SOLAR HYBRID 936SH」「mirumo 934SH」といったシャープ製のハイエンド端末の記事が人気を集めた。

 5月23日〜29日のトップ10は、5月25日に発表されたau夏モデルの記事が多くランクインした。QWERTYキー+タッチパネル搭載の“ブックケータイ”「biblio」、フルタッチ仕様の防水ケータイ「Sportio water beat」、ハイビジョン動画を撮影できる「Mobile Hi-Vision CAM Wooo」など、KDDIが夏モデルのコンセプトに掲げる“去年と違う夏”を強く体現した機種が人気のようだ。

 これらau夏モデルの記事以上に読まれたのが、アニメ「東のエデン」に登場する、近未来感あふれる「ノブレス携帯」のインタビュー記事。残念ながら現時点では製品化の予定はないようだが、可能性はゼロではなさそう。続報に期待したい。

 「ヱヴァンゲリヲンケータイ」と「ノブレス携帯」は、いずれもアニメ作品とのコラボレーションで生まれたもの。端末需要の冷え込みが続いている中、コラボ携帯は、こうした状況を打破する可能性を秘めているのかもしれない。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう