ニュース
» 2009年06月04日 15時34分 UPDATE

スライドヨコモーションの「F-09A」、6月10日発売

810万画素カメラを搭載したスライドヨコモーション「F-09A」が、6月10日から店頭に並ぶ。iモード機能のJavaScriptが利用できない状態での販売となる。

[ITmedia]

 NTTドコモは、810万画素カメラを搭載したスライドヨコモーションケータイ、「F-09A」を6月10日に発売する。ボディカラーはブラック、ピンク、ホワイトの3色をラインアップする。

 iモードブラウザについては「N-06A」「P-07A」「N-08A」と同様、JavaScriptが利用できない状態で販売を開始。ドコモでは不具合の対応を急いでおり、準備が整い次第案内するとしている。

yo_f09a01.jpgPhoto スライドヨコモーションケータイ「F-09A」

Photo

 有効810万画素のCMOSカメラには、デジタル一眼レフカメラに使われている富士通独自の画像処理エンジンをケータイ向けに最適化した「Milbeaut Mobile(ミルビュー)」を搭載した。さらに、撮影環境に合わせて自動的に画質を調整するシーン調整機能と、手ブレ補正+被写体ブレ補正+ISO3200相当の高感度撮影による「トリプルブレガード」で撮影時の失敗を防ぐ。“笑顔度”を表示して楽しめる「スマイルファインダー」や笑顔検知シャッター、肌を美しくし目を大きくする「美肌+ひとみ強調モード」を備えた。

 縦横画面の切り替えに使われるモーションセンサーは、画面のスクロールや置き忘れセンサーにも連動する。運動時の正確な消費カロリーを計測する機能や体組成計との連動機能も用意。また、地磁気センサーを内蔵したことで、地図アプリ利用時には自分の向いている方向を示すこともできる。

「F-09A」の主な仕様 機種名 F-09A
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約51×114×18.5ミリ
重さ 約138グラム
連続通話時間 W-CDMA:約240分/GSM:約210分
連続待受時間 W-CDMA:約630時間/GSM:約320時間
アウトカメラ AF/顔検出付き有効810万画素CMOS
インカメラ 32万画素CMOS
外部メモリ microSD(最大2Gバイト)/microSDHC(最大16Gバイト)
メインディスプレイ タッチパネル対応 約3.4インチ フルワイドVGA(480×960ピクセル) TFT液晶 1677万7216色表示
サブディスプレイ
対応サービス・機能 iコンシェル、iウィジェット、iモード(バージョンアップ)、Bluetooth/iアプリタッチ、GPS/海外GPS、FOMA ハイスピード(7.2Mbps)、Music&Videoチャネル、ワンセグ、WORLD WING(W-CDMA&GSM) ほか
ボディカラー ブラック、ピンク、ホワイト

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう