ニュース
» 2009年06月12日 22時07分 UPDATE

携帯販売ランキング(6月1日〜6月7日):キャリア総合順位が大変動――次週、ドコモ夏モデルの“猛攻”なるか (1/4)

各キャリアの夏モデルが次々と発売され、ランキングはにわかに動きが激しくなってきた。ソフトバンクの新モデルが大躍進し、キャリア総合ランキングの勢力図も大きく変化している。

[山田祐介,ITmedia]
順位キャリア総合
1(2)830P(ソフトバンクモバイル)
2(12)AQUOS SHOT 933SH(ソフトバンクモバイル)
3(5)N-04A(NTTドコモ)
4(8)らくらくホンV(NTTドコモ)
5(16)CA001(au)
6(11)W64S(au)
7(7)EXILIMケータイ W63CA(au)
8(17)SH001(au)
9(6)SH-02A(NTTドコモ)
10(3)iPhone 3G(8Gバイト)(ソフトバンクモバイル)
順位NTTドコモau(KDDI)ソフトバンクモバイルイー・モバイル
1(2)N-04A(3)CA001(1)830P(1)D12HW
2(4)らくらくホンV(2)W64S(4)AQUOS SHOT 933SH(2)D23HW
3(3)SH-02A(1)EXILIMケータイ W63CA(2)iPhone 3G(8Gバイト)(9)D21LC
4(初)N-08A(4)SH001(3)iPhone 3G(16Gバイト)(3)D11LC
5(12)P-02A(8)Walkman Phone, Premier3(初)mirumo 934SH(4)D12LC
6(6)P-06A(5)Cyber-shotケータイ S001(6)831SH(7)D22HW
7(9)L-03A(12)K002(8)830CA(6)E.T.(H12HW)
8(1)らくらくホン ベーシックII(6)簡単ケータイ W62PT(5)731SC(5)H11T
9(7)P-01A(7)G9(12)GENT 830SH S(8)Touch Diamond(S21HT)
10(5)SH-03A(9)W65T(10)821T(11)D02NE

この記事は、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の家電量販店のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。

夏の薄型モデル「N-08A」が初登場4位――次週、夏モデルが続々と集計対象に

photo N-08A

 NTTドコモのランキングでは、長らく首位を譲らなかった「らくらくホン ベーシックII」が一気に8位にまで後退し、量販店で値下げがアピールされている「N-04A」が1位を獲得した。2位には前回4位の「らくらくホンV」が浮上し、3位は「SH-02A」がキープ。そして4位には、6月7日に発売されたばかりの「N-08A」がランクインした。

 N-08Aは、8.1Mカメラやワンセグといった機能を厚さ13.9ミリのスリムボディに搭載した端末。千鳥格子のパターンを取り入れた背面パネルや「カラフルキーイルミネーション」など、女性の心をつかみそうな特徴を備えている。今回のランキングでは、1日分の集計ながらしっかりと上位を獲得した。一方、同じNEC製で7日に販売を再開した「N-06A」は、残念ながらトップ10に入らなかった。

 そのほか大きな動きを見せたのが、回転する十字キーが特徴のスライド端末「P-02A」。同モデルは前回の12位から5位に躍進した。「P-07A」の販売中断が発表されたあと、短期的にP-02AのテレビCMが流れていたが、この効果もあってのランクアップかもしれない。

 さて、キャリア総合ランキングで3モデルのみのトップ10入りに終わったドコモだが、次回のランキング集計期間(6月8日〜6月14日)は、販売を再開したPRIMEシリーズのP-07Aや、同じくPRIMEシリーズの「F-09A」「SH-06A」も入ってくる。また、STYLEシリーズの「P-10A」「F-08A」「SH-05A」も登場し、夏モデルの順位争いが本格化する。集計期間的には、10日に販売を開始し、5日分の販売台数が集計されるP-07AとF-09Aが有利。P-07Aは販売中断前の順位を見てもトップ10上位の獲得に期待がかかるが、対するF-09Aは、+D Mobileの読者からも高い注目を浴びており、俳優の瑛太さんを起用した広告も頻繁に目にする。果たしてどちらが上位にくるだろうか。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう