PR

最新スポーツアプリをタッチパネルで使いこなせる「Sportio water beat」 (1/3)

防水×タッチパネルを実現したスポーツケータイSportio water beat。「au Smart Sports」ではじまった最新サービス「Fitness」「Golf」にも対応。今回は、それらスポーツアプリを実際に利用し、その使用感を探った。

 2009年5月29日に発売されたシャープ製の防水ケータイ、Sportio water beat。3.0インチフルワイドVGA(480×854ピクセル)のNewモバイルASV液晶、有効約320万画素のCMOSカメラなど、その充実した機能については前回の記事で述べたとおり。そこで今回は、“スポーツケータイ”としての同機の魅力に、とことん迫ってみた。

 ハードウェア面では、そのコンパクトなボディに3インチのタッチパネルディスプレイを搭載した点に注目したい。トレーニング中にケータイを開いたり、スライドさせたり……という動作をせず、タッチによる直感的な操作ができるのは、魅力的なポイントだ。また、幅51×高さ98×厚さ14.8ミリのコンパクトなボディは、トレーニング中の持ち歩きにも邪魔にならない。さらには防水性も兼ね備えているため、公園の噴水や突然の雨などを恐れずに、思う存分スポーツを楽しみながら使用できる。

 さらにソフトウェア面も充実している。au Smart Sportsサービスの中核となる、人気の「Run&Walk」はもちろん、2009年の夏モデル発表にあわせてスタートした「Fitness」や「Golf」など最新サービスも存分に楽しめる。そのほかにも、カロリーカウンターを利用して、アプリケーションを立ち上げずに、歩数を計測できるシャープ独自の「歩数計」や、ゴルフ場で活躍する「GPSゴルフナビ」もタッチ操作で手軽に利用でき、大変便利。

 このように、“スポーツケータイ”として限定的に紹介してもなお、見どころ・使いどころの多いSportio water beat。ここからは、実際にこれらの機能を使いながら、その使用感をリポートしていこう。

PhotoPhoto Sportio water beat

毎日の生活で手軽に運動――歩数計

 「運動をしたいとは思っているけど、走るのはハードルが高い」というユーザーや年輩の方にオススメしたいのが「歩数計」だ。Run&Walkのアプリを起動する手間がなく、ケータイをカバンやポケットに入れて持ち歩くだけで、その日の歩数から消費カロリー、脂肪燃焼量が算出される。

 歩数計の利用前には、まず「カロリーカウンター設定」で生年月日、身長、体重などの基本データを登録する。数字入力時はソフトキーパッドが自動的に表示されるので、タッチまたはサイドキーを上下に動かして入力する。

PhotoPhoto 歩数計は「メインメニュー」→「歩数計」で選択して起動する。カロリーカウンター設定は「サブメニュー」から登録する(メニュー画面→「Smart Sports」でも登録可能)
PhotoPhotoPhotoPhoto 歩行時歩幅/走行時歩幅は身長から自動で設定されるが、任意での設定も可能。体重は通常「**kg」と表示され、ロックを解除しないと表示されない。「カウンター設定」が「ON」になっていることを確認しよう

 実際に、Sportio water beatを持ち歩くと実感するのがそのコンパクトさだ。幅51×高さ98×厚さ14.8ミリのコンパクトボディは、ポケットに入れておいてもストレスを感じない。わずかにサイドキーの突起はあるものの、側面、背面ともほぼ凹凸のない、フラットなデザインに加え、角を落としたアールのある背面のおかげで、手にしっくりとなじんで持ちやすい。

 歩数計は、Sportio water beatをカバンのなかに入れていてもしっかりカウントしてくれるので、ポケットのない服を着がちな女性ユーザーでも問題なく利用できるだろう。ただし、自転車に乗っていている間もカウントされてしまう点には注意したい。歩いて消費するカロリーだけを正確に計測したいなら、自転車での移動中は「カロリーカウンター設定」をオフにしよう。

 また、歩数画面/エクササイズ画面/カロリー画面は、それぞれ情報量が多いのだが、うまくその情報が整理されており、1画面ですべてを把握できる。これもまた、精細な3.0インチフルワイドVGA液晶のなせる業である。

PhotoPhotoPhoto 左から歩数画面/エクササイズ画面/カロリー画面。それぞれのタブはサイドカーソルキーまたはソフトキーパッドの操作により表示が切り替わる
PhotoPhotoPhotoPhoto 計測項目についての詳しい説明は、サブメニュー→「歩数計ガイド」→「計測項目の説明」で表示される、「計測項目の説明画面」で確認できる(写真=左、中央左)。身体活動の強さを表す「METs(メッツ)」(写真=中央右)。METsと歩行強度、歩行時間から算出した「エクササイズ量(Ex)」も計測可能(写真=右)

 また、日々の歩数やカロリーなどの記録は「履歴」から、日別/週別/時間別ごとに確認できる。

PhotoPhotoPhotoPhoto 週別履歴(写真=左)、日別履歴(写真=中央左)、時間別履歴(写真=中央右)。さらに、それぞれ「詳細」画面から歩数・歩行距離/エクササイズ量/エクササイズ歩行/消費カロリー/脂肪燃焼量、といったより詳しい数値が確認できる(写真=右)

イマの記録を待受でチェック――Flash壁紙

 プリインストールされているFlash壁紙を待受に設定すると、歩数計やRun&Walkでの「消費カロリー/歩行距離」が表示されるのも面白い。ケータイを手にとれば、いつでもすぐに、その日の消費カロリーが確認できる。

 プリインストールされているFlash壁紙は「S-Pict」「Graffiti」「Sportio」の3種類。中でもおすすめはやっぱりSportioだろう。停止時は「PAUSE」、歩行中は「NOW WAKING」など、そのときの状態に合わせた文言が表示されて面白い。

PhotoPhotoPhoto 「S-Pict」はピクトグラムたちが、ウォータースポーツやジョギングなど、さまざまなスポーツに挑戦するのがユニーク
PhotoPhoto 躍動感のあるイメージの「Graffiti」(写真=左)。走行中には「NOW WALKING」「NOW RUNNING」などの文言が表示される「Sportio」(写真=右)
       1|2|3 次のページへ

提供:シャープ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia +D 編集部/掲載内容有効期限:2009年6月30日

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.