コラム
» 2009年06月17日 19時32分 UPDATE

ふぉーんなハナシ:写メールを送れるフォトフレーム「HW001」、最終仕様が変わってた

製品版では、フォトフレーム側で受信できるのが「ソフトバンク、ディズニー・モバイルの携帯電話番号で送信されたメールのみ」となっていた。

[ITmedia]
Photo メールで受信した写真を表示するフォトフレーム「HW001」。フォトフレーム自体の価格は一括払いが1万8960円、分割払いは790円/月。利用料金は980円/月で、2010年1月12日までに2年契約で申し込めば、月額料金が490円になるフォトビジョンデビューキャンペーンを実施中

 ソフトバンクモバイルの「Photo Vision HW001」は、3Gの通信機能を備えたフォトフレーム。フォトフレームにはメールアドレスが付与され、このアドレス宛に送られた写真を約7インチの液晶ディスプレイ(800×480ピクセル)に自動で表示する。

 面倒な手間をかけることなく、新しい写真を次々と表示できることから、孫のいるおじいさんやおばあさんへのプレゼントにもよさそうだ。

 HW001の使い勝手を試すべく、編集部で商品版を借りてみたところ、製品版で仕様が変更になっていることが分かった。フォトフレーム側で受信できるのが「ソフトバンク、ディズニー・モバイルの携帯電話番号で送信されたメールのみ」となっていたのだ。

 夏モデルの発表会では、説明員が「PCや他キャリア端末からも写真を送信できる」と話しており、この仕様変更は残念なところ。ソフトバンクモバイルに聞いたところ、「機能拡張などで、他キャリア端末やPCからの写真付きメール、iPhone専用のメールアドレス『@i.softbank.jp』からの写真付きメールに対応する予定はない」とのことだ。

 なおiPhoneについては、日本時間の6月18日から配信されるiPhone OS の最新版「iPhone OS 3.0」にアップデートすることでMMS(S!メール)の送受信に対応するため、アップデート後にはフォトフレームに写真付きメールを送れるようになる。

 仕様変更の理由についてソフトバンクモバイルでは、「簡単に使えることがウリなので、設定も簡単に行えるようソフトバンクとディズニー・モバイルの携帯電話番号で送信されたメールのみの対応とした」(広報)と説明している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.