ニュース
» 2009年06月19日 20時00分 UPDATE

3分LifeHacking:【改訂版】旧iPhone分割払いユーザー向け――どう買えば新iPhoneはお安くなるの?

iPhone 3G Sの予約が始まったので、早速予約しに行ってきた。新規価格のほか機種変更価格なども分かったので、前回記事を改訂したいと思う。

[杉村啓,Business Media 誠]
st_3gs00.jpg iPhone 3G S

 6月18日にiPhone 3G Sの予約が開始したということで、早速予約をしに行ってきた。

 こちらの記事を見てもらうと分かると思うが、その日は秋葉原に用事があったので、そのついでに某家電量販店に行って予約をしたのだ。

 そこでiPhone 3G Sの予約をするときに言われたのがこの一言。


 一括で購入された時だけポイントがつきます

 ご存じの人も多いと思うのだが、多くの家電量販店ではポイントサービスを行っており、たまったポイントを使って買い物ができる。普通にソフトバンクショップで買うよりも、このポイントをつけてもらって一括で購入した方がお得になるのではないか!?

 そう思ったので、また色々と計算をしてみた次第だ。なお、前回記事の執筆後に分かったことや、新しく気づいたことについてもまとめてみる。ちなみに本稿でも前回の記事と同じく、iPhone 3GのSIMをiPhone 3G Sに入れ替え、そのままiPhone 3G SのSIMをiPhone 3Gに入れ替え、iPhone 3G SのSIM入りのiPhone 3Gを全く通信などを使わないようにして最低料金だけを払い続けることを「塩漬け運用」プランと呼ぶことにする。

iPhone for everybodyの自動更新に注意

 まず実際に予約をしに行って教わったのが、端末の新規契約と機種変更の正確な価格だ。新規契約の場合は16Gバイトが5万7600円、32Gバイトが6万9120円なのに対し、機種変更では16Gバイトが6万4800円、32Gバイトが7万6320円となる。機種変更を分割で払う時は、16Gバイトが2700円×24回、32Gバイトが3180円×24回となっている。もちろんここから月月割が引かれる計算だ。

お詫びと訂正 6/20 10:00 記事初出時に書いた月月割と実際の割引額に差異がありましたので、記事内容を修正しました。読者の皆さまにはご迷惑をおかけいたしました。

お詫びと訂正 6/20 17:00 月月割について記載を変更しましたが、iPhone 3Gを新スーパーボーナス適用で購入した場合は、機種変更時に2年以上利用したときと同じ額の月月割が適用されます。よって、改めて内容を修正しました。大変申し訳ありません。お詫びいたします。

 月月割は、1年未満の使用で機種変更した場合、920円になる。そして、1年以上1年6カ月未満の場合は1220円となる。ただし、iPhone 3Gを新スーパーボーナスで購入していれば、2年以上使用したときと同等の1920円が適用される。iPhone 3Gを旧販売方式で購入している人はごく少数だと考えられるので、今回は月月割が少ない場合のケースは検討の範囲から除外する。

 さらに注意しなければならないのは、塩漬け運用時のiPhone for everybodyキャンペーンだ。このキャンペーンは加入するとパケット定額料金の最大額が値下がりするなど、大変お得なキャンペーンなのだが、少し分かりづらいことがある。それはキャンペーン解約時に違約金が取られることと、2年毎に自動更新されるということだ。ここにちょっとした罠っぽいものが潜んでいる。

 端末を購入するときに、一括購入か分割払いを選べることができるのだが、分割払いを選んだ時には分割払いが開始されるのが、2カ月後の請求からになる。ということは、分割払いは契約2カ月目から発生し、終了するのは26カ月後になるということだ。

 ところがiPhone for everybodyキャンペーンは契約当月から適用され、2年間経つと自動的に更新される。ということは、端末の分割払いを完了する26カ月後にはキャンペーン更新後で、その月に解約しようとすると違約金を支払わなければならなくなるのだ。

 それと前回の記事を執筆後に教えていただいたのだが、どうやら機種変更をしても残金を一括で支払う必要はなく、そのまま分割で本体代金を支払い続けることが可能のようだ。もちろんこちらの分の月月割はなくなってしまうが、残金を一括で支払うのとトータルでは代わりはない。

 というわけで、今回の表は塩漬け運用をする場合にはいつ解約するのがトータルで得なのかも併せて考えてみた。なお、機種変更の表は残金を分割で支払った時の表に変えてある。見ていただきたい。

2010年8月までの場合

Graph (※編集部注)2009年6月のホワイトプランとベーシックパックなどの基本使用料は日割り計算。塩漬けプランよりも機種変プランのほうが最大1カ月分安くなる

2011年7月までの場合

Graph (※編集部注)2009年6月のホワイトプランとベーシックパックなどの基本使用料は日割り計算。塩漬けプランよりも機種変プランのほうが最大1カ月分安くなる

キャンペーン終了時か、割賦終了時か

st_3gs03.jpg

一括購入の場合

st_3gs04.jpg

やはりiPhone 3GからiPhone 3G Sに機種変更するのが一番お得

 いかがだろうか。機種変更の本体価格が新規契約よりも高い分、その差は若干縮まったが、やはり塩漬け運用よりも機種変更の方が2万円ぐらいお得のようだ。

 塩漬け運用時にiPhone 3G Sを一括購入したときと分割で買った場合では、解約のタイミングの問題で分割で購入した方がややお得になる。また、塩漬け運用するときには解約時期に注意したい。本体一括購入の時でも、分割支払いの時でも、キャンペーン終了時に解約をすると一番得をする計算になる。もちろん分割払いの時には解約時に端末残金を支払わなければならないので注意しよう。

 というわけでまとめると、やはりiPhone 3GからiPhone 3G Sに機種変更するのが一番お得のようだ。端末代の残金は一括でも分割でも、好きな方を選択してかまわない。もし塩漬け運用をするなら、なるべく分割で、そして必ずキャンペーン終了月に解約をするといいだろう。

 塩漬け運用時にiPhone 3G Sを一括購入した時と分割で買った時とでは、値段は変わらないので、どちらのプランを適用してもかまわない。家電量販店などで一括で購入すると、ポイントがつく分お得になるぐらいだろうか。だが、解約するタイミングを間違えないようにする必要がある。

 なお、まだ細かいところで把握していない事実があるかもしれない。その時は指摘していただけるとありがたい。

Copyright© 2015 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.