コラム
» 2009年06月19日 22時13分 UPDATE

ふぉーんなハナシ:7インチ液晶搭載の新型iPhone(?)が+D Mobile編集部に登場

突如+D Mobile編集部に登場した“巨大iPhone風”のデバイス。約7インチの液晶ディスプレイを搭載したそいつの正体とは。

[ITmedia]
photo すいません「Photo Vision HW001」にiPhoneのスクリーンショットを送っただけです

 +D Mobile編集部にタブレットPCサイズの新型iPhoneが現れた?――。

 お察しの良い方ならもうお分かりかと思うが、これはソフトバンクモバイルが発売した通信機能付きフォトフレーム「Photo Vision HW001」に、iPhone 3GでキャプチャしたスクリーンショットをMMS送信したもの。

 受信したままでは横画面に表示されてしまうので、ビューワで左回転をかけて拡大表示している。予想以上にボディと画像がなじんでおり、iPhoneのグラフィックユーザーインタフェースのセンスの良さを再認識できるというもの……。ちなみにPhoto Vision HW001はタッチパネルではなくフレーム部分のタッチセンサーで操作を行う。

 すでにお伝えした通り、このフォトフレームはソフトバンク端末から電話番号を使って送られたMMSしか受信できない。iPhone 3Gは「iPhone OS 3.0」で晴れてMMSに対応したため、今回の悪ふざけ検証が可能となったというわけだ(ほかのソフトバンクモバイル端末を経由すれば送れるけど)。

photophoto 残念ながらタッチパネル操作はできません(写真=左)。フレーム部分にあるタッチセンサーをご利用下さい(写真=右)※ただの画像なのでアプリが起動するとかはありません
photo iPhoneのMMSで画像を送りまくってるの図

 デジタルフォトフレーム市場にはソフトバンクモバイルだけでなくNTTドコモも参入を発表しており、通信サービスとパッケージ化する動きが出てきた。ドコモの「フォトパネル 01」はディスプレイがHW001よりも大きい約8インチ。さらにドコモケータイはもちろん、他社ケータイやPCからの写真も受信できる。

 いろんなスクリーンショットを送って、ドコモ版のiPhone風デバイスやAndroidケータイ風デバイスに見立てて遊ぶ……というのも楽しそうだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.