ニュース
» 2009年06月23日 18時31分 UPDATE

「テレビ」アプリがiPhone OS 3.0に対応、ワンセグの録画も可能に

ソフトバンクBBが、iPhone 3G向けの「テレビ」アプリを「3.0」にバージョンアップしたと発表。iPhone OS 3.0に対応したほか、ワンセグの録画が可能になった。

[田中聡,ITmedia]

 ソフトバンクBBは6月23日、「iPhone 3G」向けアプリ「テレビ」をバージョンアップしたと発表。新たにワンセグの録画が可能になったほか、iPhone OS 3.0にも対応し、「iPhone 3GS」でも利用できる。新しいバージョンは「1.30」。価格は無料。

 バージョン1.30では、iPhone 3Gのワンセグ画面右上に「録画ボタン」が表示され、このボタンをタップすると番組を録画できる。録画した番組は録画リストに保存され、iPhone 3GとTV&バッテリーがWi-Fiに接続されていない状態でも録画番組を視聴できる。録画番組の視聴時には、早送り/巻き戻しの操作も可能。

photo 右上の録画ボタンをタップするとテレビ番組を録画できる
photo 「テレビ」アプリ起動画面の「録画リスト」から、録画番組一覧にアクセスできる

 また、テレビ視聴時に利用できる「最大録画時間設定」が設定メニューに追加された。ここでは、録画中の番組の終了時刻まで録画を続ける「番組の終わりまで」と、iPhone 3Gの保存容量が最大に達するまで録画を続ける「制限しない」のほか、2時間/4時間/6時間の3段階で録画時間を設定できる。

 このほか、ワンセグの視聴中や録画中にiPhone 3Gのメインメモリの残量が低下すると、アラートが作動する「iPhone メモリ残量アラート機能」も追加された。複数の機能を起動しながらワンセグの視聴や録画をした場合、メモリ不足を知らせるアラートが表示される場合がある。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.