ニュース
» 2009年07月23日 19時51分 UPDATE

「P-07A」と「F-09A」のバッテリーの持ちなどに不具合

ドコモは「P-07A」と「F-09A」に不具合があると告知。ソフトウェア更新を開始した。

[田中聡,ITmedia]

 NTTドコモは7月23日、パナソニック モバイルコミュニケーションズ製の「P-07A」と富士通製の「F-09A」に不具合があると告知。同日からソフトウェア更新を開始する。

photophoto 「P-07A」(左)と「F-09A」(右)

 P-07Aで発生する恐れのある不具合は以下の2点。

  1. 特定の設定状態でメッセージR/Fを受信すると、iモードメニュー内の「iチャネル」の項目に未読メールアイコンが表示される
  2. 使用状況によって、バッテリーの持ちが悪くなる場合がある

 F-09Aで発生する恐れのある不具合は以下の3点。

  1. FLASHゲーム中に通話ができない場合がある
  2. タッチパネル操作後にリセットする場合がある
  3. 満充電しても、バッテリーの持ちが悪くなる場合がある

 新しいソフトウェアを自動でダウンロードされ、あらかじめ設定した時間(初期設定では午前300)に書き換えられる。P-07Aは「メニュー」→「設定」→「その他」→「ソフトウェア更新」、F-09Aは「MENU」→「設定/NWサービス」→「スライド/時計/入力/他」→「ソフトウェア更新」から手動での更新も可能。

 ソフトウェア更新の所要時間はP-07Aが約7分、F-09Aが約12分。ソフトウェア更新にかかるパケット通信料は無料。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.