ニュース
» 2009年07月29日 15時50分 UPDATE

HD動画を撮影できる「Mobile Hi-Vision CAM Wooo」、7月30日から発売

1280×720ピクセルのハイビジョン動画を撮影できる「Mobile Hi-Vision CAM Wooo」が7月30日から順次発売される。同モデルには“撮る、使う、見る”に適した「3WAYオープンスタイル」を採用した。

[田中聡,ITmedia]

 KDDIは7月29日、日立製作所製の「Mobile Hi-Vision CAM Wooo」を7月30日から順次発売すると発表した。地域ごとの発売日は以下のとおり。

「Mobile Hi-Vision CAM Wooo」の発売日
地域 発売日
北海道、東北、北陸、関東、中部、中国、四国、九州、沖縄 7月31日
関西 7月30日

photophoto 日立製作所製の「Mobile Hi-Vision CAM Wooo」。ボディカラーはレイズブルー、マイカブラック、カシスレッドの3色

 Mobile Hi-Vision CAM Woooは、国内ケータイでは初となる、1280×720ピクセル/秒間30フレームのハイビジョンムービーを撮影できるモデル。ディスプレイが縦と横に開くスタイルに、ディスプレイを90度開いて動画を撮影するスタイルを加えた「3WAYオープンスタイル」を採用。側面に装備した録画やズーム専用のキーを使い、最適なスタイルで動画撮影を楽しめる。

 カメラは有効約500万画素CMOSを搭載し、光学3倍ズームや手ブレ補正、顔検出オートフォーカス、コンティニュアスAF、プログラムAEなど、多彩な撮影機能を備える。HDMI端子に対応しているのも大きな特徴で、撮影した映像をハイビジョン対応テレビなどで視聴できる。ハイビジョン映像は8GバイトのmicroSDHCに最長約4時間の録画が可能だ。

 また、Mobile Hi-Vision CAM Woooは1GバイトのmicroSDとUSBケーブルを同梱しているので、撮影した動画をPCで手軽に楽しめる。同梱のCD-ROMに記載されたURLから、ビデオ編集ソフト「Cyber Link PowerDirector Ultra(体験版)」のダウンロードも可能。編集した動画はDVDやブルーレイディスクに保存できる。体験版の利用はインストールから30日間まで。

photophoto 裏面に光学3倍ズーム対応500万画素CMOSカメラを搭載。動画は本体を90度開いて撮影する(写真=左)。卓上での視聴に適した横オープンも可能だ(写真=右)
「Mobile Hi-Vision CAM Wooo」の主な仕様
機種名 Mobile Hi-Vision CAM Wooo
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約50×118×19.9ミリ(最厚部25ミリ)
重さ 約152グラム
連続通話時間 約240分
連続待受時間 約280時間(日本国内)
カメラ 顔認識AF付き 有効500万画素CMOS 手ブレ補正
外部メモリ microSD(最大2Gバイト)/microSDHC(最大8Gバイト)
メインディスプレイ 約3.0インチフルワイドVGA(480×854ピクセル)IPS液晶
サブディスプレイ
主な機能 LISMO Video、着うたフルプラス、Bluetooth、グローバルパスポートCDMA、au Smart Sports(Run&Walk、Karada Manager、Fitness、Golf)、ワンセグ、EZナビウォーク、EZ助手席ナビ、安心ナビ、災害時ナビ、EZ FeliCa(おサイフケータイ)、ナカチェン、デコレーションメール、デコレーションアニメなど
ボディカラー レイズブルー、マイカブラック、カシスレッド

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.