コラム
» 2009年08月05日 22時12分 UPDATE

ふぉーんなハナシ:減量の仕方を覚えておくためのiPhoneアプリ

昨年ダイエットに成功したものの、今年に入ってすっかり元に戻ってしまった。再度挑戦しようと思うのだが、“どんな食事で痩せたのか”が思い出せない。次にリバウンドした場合に備えて、食事内容を記録できるダイエットアプリを探してみた。

[ITmedia]

 昨年、ストレスで増加した体重を減らすべくダイエットに挑戦した。しかし食事制限と運動で、あるべき姿に戻ることができたのもつかの間、禁煙に成功すると同時に体重が元に戻ってしまった。

 再度減量に挑戦しようと思っているものの、どんな食事制限をして痩せたのかがまったく思い出せない。日々の体重はメモしていたのだが、どんな食事をしたのかまでは控えていなかったのだ。

 そこで今回は、食事の記録を残しておくことに。この手の記録系のアイテムは、少ない手順でアプリを立ち上げられないとなかなか続かないので、iPhoneアプリで探してみた。

 食事内容を記録することに特化した専用ソフトは案外少なく、いくつか見つかった専用ソフトの中でUIが気に入った「RecRecDiet」(450円)を試した。

 RecRecDietを起動すると画面上部にカレンダー、下部に食事内容を入力・閲覧する画面が表示され、画面上の「フードを記録する」をタップすると食事内容を入力できる。

 内蔵のデータベースから食品を検索して入力できるほか、自分で食品名とカロリーを入力することも可能。一度入力した食品は、次回から候補として表示される。直近の入力履歴は検索窓の下に表示され、そこからタップで選択できるので、気に入ると同じものばかり食べ続ける私にはかなり便利だ。

sa_pst01.jpgPhoto 起動すると表示される画面(左)と、「フードを記録する」をタップすると表示される画面(右)

sa_pst03.jpgPhoto 食品名とカロリーの入力は内蔵のデータベースから検索できるほか、食品のカテゴリーから選択することもできる。もちろん手入力にも対応

 あらかじめ「設定」で目標カロリーを設定しておけば、カレンダーの日付の色で達成できたかどうかを確認できる。達成できた日は緑、達成できなかった日は赤で文字が表示される。

 日々の体重も入力できるので、食事制限を始めてからどのくらいで体重が減り始めたかも把握できるだろう。これが体脂肪率の入力に対応したら、さらに便利そうだ。

sa_pst04.jpgPhoto 日々の食事内容と体重を確認できる(左)。グラフでチェックすることも可能だ(右)

 まだ入力を始めて3日目だが、端末を取り出してすぐ入力できるので、ものぐさな私でも続けられそうな気がする。願わくば、データベースから入力することが少ない人向けに、データベースなしでもう少し安く買えるバージョンをリリースしてほしい、かも。

関連キーワード

カロリー | ダイエット | iPhoneアプリ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.