コラム
» 2009年08月06日 21時49分 UPDATE

ふぉーんなハナシ:LGジャパンモデルの“かわいい”に期待したい

ドコモの「L-04A」と「L-06A」を見て、「おお?」と思った人も多かったのではないでしょうか。

[田中聡,ITmedia]

 LGエレクトロニクスがNTTドコモの2009年夏モデル、そして“LGジャパンモデル”として投入する「L-04A」と「L-06A」は、ドコモ全体のラインアップで見ると、決して“尖った”モデルではないが、LGエレクトロニクスのかつてないほどの意気込みを感じる。「L704i」や「PRADA Phone by LG」「L705iX」など、これまでのLGケータイは海外用端末を日本向けにカスタマイズしたものだが、L-04AとL-06Aは、海外では未発売の日本発モデルだからだ。

photophoto 「L-04A」(左)と「L-06A」(右)。L-04Aにはビビッドな「Yellow」や、かわいいアニマルキャラを採用した

 これまでのLG端末は“金属感”や“高級感”といったイメージが強かったが、LGエレクトロニクス・ジャパン 広報が「L-04AとL-06Aのテーマは“シンプル&スタイリッシュ”」と話すように、今回の2機種はよりポップなテイストが強くなった。加えて、同社のハイエンドモデルでおなじみのタッチパネルも継承した。「PRADA Phoneをはじめ、LGエレクトロニクスはタッチパネルケータイのリーダー的存在だと認識している」と同社は自信を見せる。

 一方、LGエレクトロニクスは「L705i」や「L706ie」「L-03A」など、シンプル操作を訴求するモデルも供給している。ドコモはこうしたシンプル系の機種は、団塊の世代をはじめとする“らくらくホン予備軍”に訴求できるとの考えも示しており、LGエレクトロニクスも「シンプル系モデルは今後も供給していく」という。

 ノキアの日本市場撤退が象徴するように、海外の携帯メーカーが日本で成功することは容易ではないが、LGエレクトロニクスをはじめ、Samsung電子ZTEも日本市場への進出にさらなる意欲を見せている。

 LGエレクトロニクスは、“シンプル、かわいい、ハイエンド”という3つの路線で日本市場に風穴をあけられるか――。個人的には、LGジャパンモデルのCMに出演する蒼井優さんと温水洋一さんの“かわいい”にも注目している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう