ニュース
» 2009年08月07日 20時01分 UPDATE

携帯販売ランキング(7月27日〜8月2日):“ドコモ率”下がった総合ランキング、830P+iPhoneで攻めるソフトバンク (1/5)

7月純増数でついにソフトバンクからトップの座を奪い取ったドコモ――。しかし、携帯販売の総合トップ10では、auの“値下げ旧端末”とソフトバンクの“830P+iPhone”に攻め入られている格好だ。

[山田祐介,ITmedia]

キャリア総合ランキング TOP10

2009年7月27日〜2009年8月2日
順位前回順位キャリアモデル
1位1ソフトバンクモバイル830P
2位2NTTドコモSH-06A
3位4ソフトバンクモバイルiPhone 3GS (32Gバイト)
4位10auSH001
5位6NTTドコモSH-05A
6位5auEXILIMケータイ W63CA
7位7NTTドコモN-08A
8位15ソフトバンクモバイルiPhone 3GS (16Gバイト)
9位8ソフトバンクモバイルiPhone 3G(8Gバイト)
10位9auWalkman Phone, Premier3

この記事は、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の家電量販店のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。

 前回に引き続き、キャリア総合ランキングの1位はソフトバンクモバイルの2008年冬モデル「830P」が獲得した。また、今回は3位に「iPhone 3GS (32Gバイト)」、9位に「iPhone 3G(8Gバイト)」、さらに前回トップ10圏外に落ちていた「iPhone 3GS(16Gバイト)」が8位にランクイン。ソフトバンクは“830P+iPhone”でランキングに攻め入る構図がすっかり定着した。

 ドコモ端末で最上位を獲得したのは2位の「SH-06A」。さらに「SH-05A」が5位、「N-08A」が7位と、合計3モデルがトップ10入りした。

 auの最上位は「SH001」。トップ10にランクインしている3モデルは、いずれも夏モデルではなく、値下げされた旧端末である。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.