レビュー
» 2009年08月17日 17時00分 UPDATE

今日のアプリ第438回:エンターテインメント:写真に奥行きを加えてホログラムのように見せる「Holograms」

写真に対して、立体感のある「ホログラム」のような加工ができるiPhoneアプリが「Holograms」です。本物のホログラムを作成するには専用の装置が必要ですが、このアプリを使えば簡単にホログラムのような写真が作れます。

[iPhone・iPod touch ラボ]
iPhone・iPod touchラボ
Photo

 「Holograms」は、iPhoneのカメラで撮影した写真をホログラムのようにみせることができるアプリです。2次元の写真に奥行きとホログラム特有の虹色の効果を加え、簡単に疑似3D画像を作成できます。

 実際のホログラムは、クレジットカードや商品券などの偽造防止に使われ、製造に専用の装置を必要とします。このアプリはそのような装置・技術を使わずに、iPhone・iPod touchだけで、画像の傾きや虹のように色が変化するホログラフィーの効果を作りだすことができます。

 ホログラムのリストには、デフォルトで3つの完成したサンプルが含まれています。新しいホログラムを作るには、右上の「+」ボタンをタップして名前を入力します。

 画面上のカメラアイコンをタップすると、iPhoneのカメラで写真を撮影できます。また写真アルバムから画像を選択することもできるので、カメラのないiPod touchでも使用できます。

 撮影または画像を選択したら、ブラシで奥行きを加えていきます。手前に出ている部分は「上矢印」をタップしてから、指で範囲を指定します。画面下のスライダーでブラシの太さを調節できます。より大きく前に出ている部分は、いちど指を画面から離して、再度塗り重ねるようになぞっておきます。これを何度か繰り返すことで、でっぱりの程度を表現します。奥に凹んでいる部分は、「下矢印」をタップしてから同様の作業を行ってください。

PhotoPhoto

 画面右上のボタンから設定へ移り、エフェクトの種類などを変更できます。2つの画像をレイヤーとして重ねることができ、サンプルにある「Laser Cat」のようなホログラムも作成可能です。

PhotoPhoto

 擬似的な3Dと虹のように色が変わる効果は、加速度センサーを使って本体の傾きに合わせて変化します。

PhotoPhoto

 「Rainbow」のほかにも、「Laser」(左下)や、赤・青の3Dメガネ用の画像を選択することもできます。

PhotoPhoto

 2次元の画像をホログラム調にする、というアイデアがなかなか面白いと思います。モノだけでなく、人やペットの顔などを使うとより楽しめそうですね。

今日のアプリ 第438回
タイトル Holograms
カテゴリ App Store > エンターテインメント
開発 MachWerx
対応機種 iPhone・iPod touch
価格 230 円


Copyright (c) 2007-2014 iPhone/iPod touch Lab, All Rights Reserved.